ウェブサイトを分析するウェブ解析/アクセス解析という仕事

ウェブサイトを分析する ウェブ解析/アクセス解析 という仕事

最終更新日 2020年11月1日

ウェブサイトを分析するウェブ解析/アクセス解析という仕事

ここはウェブサイトを分析することの大切さについて、これからサイト分析をしてホームページで成果を出したいと考えている中小企業経営者
または社内で担当になってサイト分析をしてみたいという新任担当者に向けたコンテンツです。

そもそも解析という仕事はどんな仕事なのか

解析という仕事は、データを集めて分析して次の行動を計画
計画に沿った行動から検証をしてさらに次へ進という仕事
です。
 
ただし行動については担当へ依頼することが多いため、
データを集めて分析して行動を計画して検証をする仕事です
 
これにはデータを客観的にみることができる力
仮説を立てる力があり。
解析する業務に対する理解が必要です。

データ分析と異なるのは業務理解と改善行動が導けるかということになります。

ウェブ解析 / アクセス解析が活用される背景

あえてウェブ解析 / アクセス解析と二つの呼び名をここに並べます
解析業界が長いとどちらの呼び名が最適かわからなくなる時がありまして…

さて、こちらの言い訳はいいとして 今回はウェブ解析とします

ウェブ解析の背景としては、
自社(またはお客さん)の業務がウェブサイトと密接になったこと
ウェブサイトを分析するツールが手軽に入るようになり、
分析レポートもボタンひとつて見られるように。

そこで、自社が次の一手を打つための参考としてウェブ解析活用される背景となりました。

解析 わかること とメリット

端的に、自社の商品を利用するユーザ像の仮説がたてらることです。
あくまでも仮説

本当のユーザは目の前にいるお取引先であって、
ウェブ解析をせずに聞いた方が早いです。(どうして弊社を選びましたか?って)

ではなぜ仮説が必要なのかというと、自社の価値をもっと広げたい
(知られたい、売上が欲しい、儲けたい)と考えた場合、どのように行動するのかとう計画が欲しい。
その計画を立てるためのひとつの参考が必要なんです。

新しいお客さんはどこから自社を知ってどんなことを求めているのか?

仮説の中からおおよそ予測を立てることができます

ハマ企画らしいウェブ解析

ハマ企画らしいウェブ解析。
ほかのウェブ解析と原則変わりません。
「事業の成果をもたらすため」に解析をすすめます。
(ハマ企画ではウェブ解析業務をアナリティクスというサービス名にしています)

そのためにお客さまと事業について向き合い、話し合い
今のステージで必要な成果について明確にします。

  • 認知なのか
  • 集客なのか
  • 売上なのか

とことん成果にこだわります。
そのためのウェブ解析です。
ただしウェブ解析で出てきた数字は客観性をもたせ
数字原理主義にならないように数字のもつ意味を理解し伝えます。

ハマ企画はお客さまの成果にこだわるウェブ解析をすすめています。
ウェブ解析について相談などありましたら是非ご連絡ください。

ウェブ解析 無料ご相談・詳細問い合わせフォーム

補足:ウェブ解析士

ウェブ解析士というがあります
ウェブ解析士は国家資格ではありません

ウェブ解析を進めているハマ企画 何名かの社員さんは ウェブ解析士もっています(資格ですね)
この資格はウェブ解析ってなんだろう?って学んだり確認するのにはとてもいいカリキュラムです。
私はウェブ解析士マスターですので、ウェブ解析士を伝える資格を持っています。この資格について質問などある方は是非お問い合わせくださいね。