ホームページ制作会社で働くということ


この記事の所要時間: 141

ハマ企画ではStaffを募集しています(5月19日現在)

ホームページ制作業界の過去と現在

弊社がWeb制作を会社の定款へ入れたのが2000年、当時はWeb制作は非常に珍しい業務でした。
新しい分野につき、敷居が高い分野でした。
現在はWeb制作は非常に敷居の低い分野、敷居の低い業界です。

新規参入と廃業を繰り返している業界であり、小規模の会社が沢山あるのも事実です。

ハマ企画がWeb制作会社を14年続けている理由

ハマ企画は、市場競争の激しい業界(レッドオーシャン)の中で14年続けています。
それにはいくつかの理由があります

  • ほどよい先をみている
  • 先行投資をおしまない
  • 成果を重要視している
  • 対話をする

そして他の業種には手をつけない、片手間ではないという点です。

ハマ企画で働くということ

先行投資と成果重視は、人件費をコストではなく投資として考えています。
Web制作もコストではなく投資としての発想をクライアントとお話をしています。
ハマ企画で働くということとは、成果をだすべく投資をどのように稼働から導くかを考えています。
だから、私たちは定時9:30-18:30という業界と規模ではあまりかんがえられない勤務時間となっているのです。
そして、クライアントと対話をするため、基本、直接クライアントと対話できる案件しか取り扱いません、
期限優先でクライアントの見えないお仕事は全てお断りしています。
やっつけ仕事は事故がおき、成果以前の結果となるためです。

ハマ企画で働くことは、Web制作から人生に対する投資と成果という考え方が身につきます。

ハマ企画、第2ステージ

2014年よりハマ企画は第2ステージに入りました。
チーム力です。
プロフェッショナルをたばねチーム力でクライアントと向き合う。
他のWeb制作会社では見られない行動です。

目の前ではなくほどよい先をみているハマ企画ではStaffを募集しています。
興味のある方はお問合せください

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です