コンテンツマーケティングを始めるには経営者の覚悟が必要


この記事の所要時間: 231

コンテンツマーケティングを始めるには経営者の覚悟が必要

コンテンツマーケティングにはまだまだ誤解があるようで、
記事さえあればお客さまがわんさか、SEOも上位表示という魔法のような便利なやり方だと考えられているようです。

しかし、本来のコンテンツマーケティングはとても大変です。
誰に任せるというものではなく、中小企業であれば経営者の覚悟が相当必要なのです。

自社のコンテンツの魅力を知っているのは貴社です

コンテンツと言うと、ブログ!と思うでしょうが、本来のコンテンツとは「中身」や「情報」のことなのです。

つまり会社の中身です。
会社の中身を一番よく知っているのは、貴社自身です。
貴社が貴社のことを語る必要があります。
(意外にも、自社のことをわかりやすく語ることのできない経営者や社員さんが多いという現実があります)

貴社のお客さまはどんな方で、その方に対してどのような価値を提供しているのか。
お客さまとは自分が欲しい儲けたい方ではなく、本当の貴社価値を理解している方です。

視点は一人称ではなく三人称です。

コンテンツマーケティングを開始するための研修

 

外注ライターに頼むのは次の段階だから

コンテンツマーケティングのお話をすると出てくるのが外注ライターです。
外注ライターさんはとても優秀で、表現力もあり、正確です。
しかし、外注ライターさんはヒアリングをしても貴社の全てを奥深く理解することができません。

もし外注ライターさんに依頼するのであれば、キャンペーン広告のような短期間訴求型のものがいいでしょう。

コンテンツマーケティングのように中長期で持続型のものは、まずは貴社・自社自身でつくりあげてくたださい。

だから経営者の覚悟が必要なのです。

ブログは不器用でもいいから自社で書いて欲しい(コンテンツマーケティング)

 

経営者の覚悟が感じられるコンテンツマーケティングは成果に結びつく

経営者の覚悟は、会社の企業活動の時間をコンテンツマーケティングに費やすことができるのか、自分が関われるのか、です。

「あとは宜しく!」そのような経営者さんではコンテンツマーケティングの成果はほど遠くなります。

コンテンツマーケティングは貴社の魅力を伝えてお客さまに価値を感じていただくことが必要です。

例えば、お客さまの検索意図から課題を解決させてくれるホームページという価値。

貴社のホームページがお客さまに価値を感じていただけるまで、経営者の皆さんは覚悟を決めて関わって下さい。
価値を感じられるようになり、社員さんも成長をすれば現場におまかせしてもかまいません。

コンテンツマーケティングが成功している会社さんは経営者自身に覚悟があります。

ホームページ戦略 、中小企業家の実践報告

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です