rabbit in south England #019

ホームページの成果は発明ではなく発見から


この記事の所要時間: 220

ホームページの成果は発明ではなく発見から

ホームページから成果を でもなかなか成果が出ないのは
今の事業がホームページ向きではない、何か新しいものを創らけなければ!
うまく言っている成功事例からとっぴょしの無いものをあたかも発明のように行動しようとする。

しかし、ホームページで成果を出している企業は、発見から成果を最大化にしているのです。

成果のチャンスを逃しているホームページは

ホームページの成果はどこから来ているのか

成果は新しいものから生まれるのではなく

今の成果をすてて、何か新しいものを生みだそうと、創りだそうとしてしまうことがあります。
繰り返しとなりますが、他がうまく言っているからと成功事例だけを取り込んで…

ホームページで成功するためには自社の中にある

他社の成功事例には、成功する背景があります、多くの成功事例はその背景をりかいできず、
成功の指標だけをみてしまうため、自社に取り入れても結果、成功には至りません。
ホームページで成功するためには、自社にある課題を明確にする、つまり発見することで成果が出始めるのです。

会社のホームページの成果について経営者とお話をする

成功するためには成果を積み重ねること

成功するためには成功の時間を得ることです。
具体的には小さな成果を出し続け、積み重ねることです。

  • 月のセッション数を10,000にする
  • 直帰率を30%にする
  • 資料請求を月に二桁獲得する

大手では当たり前なこの成果、中小企業では当たり前ではありません。
だからこそ、小さな成果を出し続け、積み重ねるのです。

成果に対する接点をホームページ中心で考える

ホームページの成果は発明ではなく発見から

「ホームページから成果を」でもなかなか成果が出ないのは
自社にある課題を明確にしていないからです。新しいサービスを発明するのではなく自社の課題を発見することで、
ホームページから徐々に成果がで始めます。

ホームページを変え続けることが成果のヒントになる

ハマ企画の取り組み

ハマ企画ではホームページで成果を出すためにあらゆる行動をとります。

  • 商品やサービスを明確にするためのワークの実施(21時間ほどのプログラム)
  • 集客のフォーカスをした対策立案(コンテンツマーケティング、インターネット広告)

ハマ企画はホームページ制作会社ですが、ホームページの制作がゴールではありません
ホームページで成果を出すために制作し続ける会社なのです。

ハマ企画無料セミナー:リニューアルしなくても成果を出すホームページ ~コンテンツマーケティング編~