Banalities CHANGE

ホームページを変え続けることが成果のヒントになる


この記事の所要時間: 257

ホームページを変え続けることが大切なのは

言い換えると「効果測定をし定期的に改善し続けること」です。
「ホームページ作りっぱなしはよくない」とわかっていても実はよくわからないですよね。

作りっぱなしの基準はあるのか…

その基準はどのように知るのでしょうか?
基準を知る前になぜ変え続ける必要があるのでしょうか?

ユーザの気持ちは常に変わり続けるから

ユーザの気持ちは常に変わります。
それはユーザは色んなところから影響を受けているからです。

  • 友だちとの会話から
  • 見ているテレビから
  • Facebookなどソーシャルメディアから
  • ホームページで検索をしたブログから

他の影響は私たちには止めることはできません。
常に変わり続けることが当たり前と思って受け止めて下さい。

ホームページを変え続けることによって今のユーザの気持ちがわかるから

常に変わり続けるユーザの気持ちだからこそ、ホームページは変え続ける必要があります。
ホームページを変え続けるということはどんなことか

  • 人気にあるページをさらに読んでもらう
  • 見られているけどすぐ帰られるページをじっくり読んでもらう
  • 新しいユーザに読んでもらう工夫をする

さらに読んでもらう(=ページビュー数)をあげるために内容を詳しくする。

すぐに帰られるページ(=直帰率)を改善するために同じような記事へとリンクをつける。

新しいユーザから今あるページの中からヒントを見つける、そして新しい言葉を探す。

地味な作業ですが、変え続けることによってユーザの気持ちがわかるようになります。
ユーザの気持ちを調べるためにはGoogleアナリティクスのようなアクセス解析ツールを使ってWeb解析という手法で調べます。

色んな角度からユーザを知ると貴社の魅力がわかる

色んな角度とはGoogleアナリティクスのようなアクセス解析ツールを使ってページを分析したり、ユーザを分析したり、いろんな仮説をたてることです。

ユーザを知ることによって貴方の商品やサービスの魅力がわかるようになります。
魅力がわかれば、その魅力をさらに魅力的にするため商品やサービスの見せ方を変えましょう。

魅力=強み

貴社の魅力はホームページ成果への道標

貴社の魅力的な商品やサービスにどんどん磨くことによって、その魅力を知りたい
利用したいというユーザの気持ちに変わります。

気持ちが変わったらチャンスです。

このチャンスを成果へ導きます。

ただしすぐ成果を売上へとするのではなく、

  • 詳しく説明するための場(セミナーやコンテンツ)を設けましょう
  • 体験できる場でお試しをさせてみましょう
  • ユーザとの接点をどんどん積極的に増やしていきましょう

これらを行うことで成果が売上に変わっていきます。

ホームページを変え続けることが成果のヒントとは

言い換えると「効果測定をし定期的に改善し続けること」です。
「ホームページ作りっぱなしはよくないと」ということががわからないなら理由を探しましょう。
Googleアナリティクスのようなアクセス解析ツールを使って分析をしましょう。

ホームページを変え続けるつまり改善し続けることが必要なのです。

最初から成果はでません
最初は失敗するくらいの方が効果的です。

仮説を信じて自分を信じて改善をし続けてください。