nasrul ekram Down and Out

成果のチャンスを逃しているホームページは


この記事の所要時間: 237

成果のチャンスを逃している原因は

  • 貴社のビジネスをご存じですか?
  • お客さまのことを理解していますか?

貴社のビジネスに対してお客さまがちゃんと理解をしていて価値を感じているならば成果のチャンスはやってきます。

とりあえずホームページをつくっただけでは見向きされないどころか見つけてもらうことすらされません。

成果のチャンスを逃している原因は、ビジネスのことをお客さまに
伝えることができておらず、「とりあえずホームページをつくった」だけだからです。

ホームページで成果を求めるためには

ホームページで成果を求めるためには、お客さまが本当に欲しい情報を届け続けることです。

  • お客さまが本当に欲しい情報と、貴社が届けたい情報は同じですか?
  • 貴社は届けたいのではなく「売りつけたい」になっていませんか?

本当に欲しい情報を届け続けるためには、Googleアナリティクスなどのアクセス解析でどんなページが「最初に見られているか」という視点で分析をすることで理解することができます。

どんなページが「最初に見られているか」という視点で分析をする

この画面を見るだけでもお客さまを少しだけ理解することができます。

理解をしたら、お客さまと貴社のビジネスを近づけることです。
近づけることでホームページで成果を求めることができるようになります。

お客さまを逃さないための確認しておくこと

ホームページの見た目を確認

  • ホームページが重くて読み込みに時間がかかり過ぎないか
  • 最初に訪れたページが適切な情報なのか
  • 知りたい情報がすぐに見つかるようになっているのか
  • リンクが切れたり間違っていたりしていないのか
  • 文字サイズが適切か?

これは今まで言われていた戦術(小手先)です。
最低限やることですが、これでは全く成果にはとどきません。

お客さまを逃がさないために本当に確認すべきこと

  • お客さま視点でホームページをみていますか?
  • お客さまの分類ができていますか?(Googleアナリティクスでできます)
  • お客さまが知りたい情報同士の紐付けができていますか?
  • 押し売りのような文言になっていませんか?
  • 押し売りのように問い合わせをうながしていませんか?

お客さまを逃がさないためには、特別な方法や技術より
ビジネスとして基本的なことが守られていればいいのです。

成果のチャンスを逃している原因は

成果のチャンスを逃している原因は、ビジネスのことをお客さまに
伝えることができておらず、「とりあえずホームページをつくった」だけだからです。

とりあえずホームページをつくっただけでは見向きされないどころか
見つけてもらうことすらされません。

貴社のビジネスがちゃんに対してお客さまがちゃんと理解をしていて
価値を感じているならば成果のチャンスはやってきます。

  • 貴社のビジネスを定義しましょう
  • お客さまのことを理解しましょう

そのためにも、お客さまに伝えるコンテンツをつくり続けましょう。

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です