Pedro Auschwitz - Birkenau Concentration Camp - Where it all started

小さな規模(ショートスタート)で始めるホームページ制作


この記事の所要時間: 220

小さな規模(ショートスタート)で始めるホームページ制作

起業や新しい事業を始める時、必要にかられホームページ制作をします。
ホームページ制作をする時、何もわからずホームページ制作会社へ発注をすると、色んなプロセスを経てWordPressを使いホームページを制作…

要した時間は◯ヶ月なんてことも。
この要した時間分、何か得ることができますか?

弊社がおすすめするのは小さな規模で始めるホームページ制作
ショートスタートで始めるホームページ制作です。

ホームページは自社でつくってもいいのか

ユーザ目線で考えるとホームページ完成はあるのか

「ホームページは公開をもって一段落」この発想はホームページ制作会社さん側の発想です。
ホームページを受託案件として考えた場合、制作がゴールです。

しかし、貴社の先にいるユーザ視点で考えるとホームページの完成はあるのでしょうか?
“初めはこんなユーザへ届けて成果を上げたい”
そう考えていても、その思いのほとんどは「外れます」
仮説でしかすぎません。

ホームページに求めるものは何かを考える

 

仮説から課題を見つけて改善施策を行います。
(いわゆるPDCA)
これを繰り返すことで、ユーザ目線に近づけることがあります。

つまりホームページで事業を考えた場合、完成はありえません。

会社の成長に合わせたホームページリニューアル

 

小さな規模(ショートスタート)で始めることが必要なわけ

小さな規模で始めるホームページ制作が必要なわけは、まさにPDCAをまわしてユーザに近づくことが重要だからです。

色んな思いをはせても、ユーザの気持ちは簡単に掴むことができません。
簡単につかめないのならば、「要した時間は◯ヶ月」を最初から費やさず、即行動として小さな規模でホームページを持ちましょう。

最初は1ページでもかまいません、数ページでもかまいません。

1ページで語る 今どきのホームページ制作 

 

その先は…
インターネット広告と1枚ページ(ランディングページ)売上獲得
ユーザの課題を解決する記事をつくり続けるコンテンツマーケティングでファンを増やす

いろんな方法があります。

>ホームページは制作より運営が大切です。

だからこそ小さい規模で始め早くユーザに届けましょう

ホームページ制作会社がペライチで提案した理由