PROAndy Maguire 3

成功した中小業企業家から学ぶコンテンツマーケティング3つのポイント


この記事の所要時間: 231

成功した中小業企業家から学ぶコンテンツマーケティング3つのポイント

2017年2月21日、成功した中小企業家からコンテンツマーケティングを学びました。
以前弊社のサイトでも紹介をさせていただいた企業家さんです。

ここの凄さはホームページ制作会社が見習うべきことであり。
その見習うことはとてもシンプルに語られていました。

ホームページ戦略 、中小企業家の実践報告

 

たった3つのポイントを守ればいい

成功した中小企業家のコンテンツマーケティングは3つのポイントを語りました

  • 正しい「情報」を
  • 正しい方法で
  • 正しい人へ

これを意味するところは貴社の価値を届ける大原則です。

貴社の価値ある情報を、Google検索などの正しい方法で、課題を解決したいという正しい人へ伝えればいいのです。

例えば、こんなケース

現在、貴社のお客さまは何らかの課題(問題)を持っています。
その問題を解決するために、何をするのか?

インターネットでは検索という行動を起こします。

課題となる言葉で検索をした時に、その課題が解決できるような貴社のホームページが表示されること、そしてそのホームページがお客さまに理解され、課題が解決されることが正しい方法です。

そこであえて課題を解決させないように「詳細はお問合せください」となってしまうと、
お客さまには響きません。

コンテンツマーケティングが上手くいかないのは目先の利益を見ているから

いろんな中小企業経営者とお話をすると「コンテンツマーケティングが上手くいかない」という言葉を発します。

コンテンツマーケティングが上手くいかない理由はとても簡単です。
目先の利益を見ているからです。

目先の利益とは上にある「詳細はお問合せください」です。

コンテンツマーケティングは貴社の大切なお客さまを見つけることです。(ファンとも言います)

そのためにはセールス(売ること)を発するより。
お客さまの困りごとを探して発します。

そのためには徹底的にお客さまに向き合い対話をすることです。

中小企業向けのコンテンツマーケティング

 

成功した中小業企業家から学ぶコンテンツマーケティング3つのポイント

このお話は10年かけてサイトを構築した株式会社ライフィの澤田社長から伝えていただいたことです。
このライフィは「生命保険」というビックワードだけではなく、ミドルワードでも上位表示をはたし、
常にお客さまの課題に向き合っています。

ホームページ制作会社よりも、ホームページ制作会社が本来向き合うことを積極的に行っています。

 

ブログは不器用でもいいから自社で書いて欲しい(コンテンツマーケティング)