PROKazuhisa OTSUBO Google

Google日本語検索の品質向上でコンテンツマーケティングの価値があがる


この記事の所要時間: 258

Google発表の「日本語検索の品質向上」

先日発表されたGoogle発表の「日本語検索の品質向上」というニュース

その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

「日本語検索の品質向上にむけて」

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html

これはWELQなど悪意のあるコピーサイトやコピーキュレーションへの対策です。
貴社のオリジナルコンテンツが上位表示されるチャンスです。

これはまさにGoogleの経営理念「Googleが掲げる10の事実」の4番目
「ウェブ上の民主主義は機能します。」の実行にあたると信じています。

オリジナルコンテンツを制作できるのは貴社だけ

企業を業種でわけることはできますが、貴社の業務は同じ業種の中でも異なるはず
異なるからこそ魅力があるのです。

例えば同じ不動産仲介業者
仲介業者は自社物件以外、同じ不動産物件情報を取り扱いますが、企業によって業務のすすめ方や
セールストークが違い、契約後のお客さまへのフォローも異なります。

だから同じ不動産仲介業者でも、伝え方が変る。
オリジナルコンテンツを制作し発信できるのはその会社だけなのです。

ブログは不器用でもいいから自社で書いて欲しい(コンテンツマーケティング)

コンテンツマーケティングの成果はとても時間がかかるけど

コンテンツマーケティングの成果はなんでしょうか?

よく言われているのは認知拡散です。
これは1回数の訪問というユーザに限定しているからです。
何度も訪問しているユーザは貴社を信用するようになり、貴社の取引を依頼する可能性があります。

長い目で見れば認知は入口であり、成果は認知だけではなく、売上につながるのです。

その成果がでるのはとても時間がかかります。
1年は早い方
2年〜3年かかる場合もあります。

商材(サービス)によって異なりますが…

これだけ時間がかかるのは認知から成果までの時間だけではなく、
そもそも「貴社の欲しいユーザ」のニーズにマッチしたコンテンツを作り上げるのにとても時間がかかるからです。

成果のあがるホームページ、1回の訪問より再訪問させる仕組みをつくる

Googleに期待をして、これからのSEOに期待して

Google発表の「日本語検索の品質向上」をもう一度

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。

信頼できる貴社のコンテンツを制作すると、SEOによる検索結果画面がユーザにとって価値のあるコンテンツが並びます。
今は、まとめサイトやコピーサイトが乱立している検索結果も、今後は変るでしょう。

期待しましょう。

ホームページでSEOが大切なわけ

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です