接客

これから あるべき企業のホームページ戦略


この記事の所要時間: 327

ホームページはあなたのことを知らないお客さまとの接点になる

これからの企業のあるべきホームページ戦略としてまずあげられるのは。
ホームページを使って、あなたのことを知らないお客さまに届けることができます。

届けることで、新しいお客さまとの接点になり、将来有望なお客さまになる可能性があります。

知らないお客さまに届けるためには、広告ではなく自然にお客さまと出会うきっかけをつくる必要があります。

何らか問題点や課題のあるお客さまに対して、解決できるコンテンツを発信することです。
いわゆるコンテンツマーケティング。

ただ、コンテンツマーケティングには誤解があり、毎日更新しなければならないとあります。
毎日の新規記事の更新をする必要性はなく、アクセス解析を行い定点観測をし、ページを改善することで、お客さまに届けられるようになります。

このコンテンツを届ける「コンテンツマーケティング」は 企業のあるべきホームページ戦略のひとつの手法でありとても有効なのです。

成功した中小業企業家から学ぶコンテンツマーケティング3つのポイント

 

企業の思い込みをホームページで計ることができる

企業には様々な思いがあります。
その思いが企業に一方的な思い込みであることもあります。

ホームページでは企業の思いか思い込みか…計ることができます。
この計る方法はアクセス解析やWeb解析です。

あなたの「売り」としている商品が世の中で検索されていて、そしてその商品を選んでいただいているのか、Google アナリティクスなどのアクセス解析ツールを使い計測することができます。
(流入分析)

 

一番理想的なのは、あなたの「商品」がホームページで検索され、購入されること。
次に理想的なのは、あなたの「商品」がホームページで検索されてページが閲覧されることです。

閲覧されない場合、商品に対する思いはあなたの企業の思い込みである可能性があります。

この場合、その商品がどのような言葉で検索されていてるのかを測ることでわかります。
(いわゆるSEOです)

Yahoo!サジェスト機能

ホームページ集客戦略はメディア別に考える

 

ホームページを活用すればライバルに先手が打てる

ホームページを活用すればライバルに先手が打てます。

先手を打つためには、あなたの商品やサービスの利用方法、または商品を利用する手前のニーズをコンテンツとして公開をすることです。

ホームページ戦略 、中小企業家の実践報告

 

そのヒントは検索すること

あなたの商品やサービスの価値について検索をしてみてください。
商品そのものではなく、その商品の利用するシーンや利用する手前の言葉で

もし、その言葉で検索をした時、表示されるページがライバルのページではなく、個人ブログやまとめサイトで占められていれば、ライバルに先手が打てるということになります。

コンテンツマーケティングはやらない方がいい?

ホームページ戦略に必要なポイント

ホームページ戦略に必用なポイント
あなたのことを知らないお客さまとの接点を設けるために

  • お客さまのことを知る
  • ライバルのことを知る
  • 自社の現在を知る

これらを簡単に知るためには、あなたの商品をお客さまの言葉で検索をしてみることです。

そしてこの3つを知れば、

  • お客さまと接することができるコンテンツをつくる
  • ライバルのいないことばを探し先手をうつ
  • 自社のホームページの現在のコンテンツを最適化する

効果測定方法はGoogle アナリティクスと検索エンジンです。

まずは3ヶ月を目標にこの戦略ですすめましょう。

 

ホームページ診断

 

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です