ホームページのアクセス解析、まずはPt engineで


この記事の所要時間: 220

Pt engineのアクセス解析が見やすくておすすめ

自社のホームページに日々どれだけのお客さまが見に来てくれているのか、気になりますよね。

有名なアクセス解析ツールといえば「Google アナリティクス」ですが、
高機能であるがゆえに、画面のどこを見て良いのかわからないことも。

その点「Pt engine」は画面が見やすく、使いやすいツールとなっています。
無料で月25,000ページビュー(ロゴ表示で35,000ページビュー)まで計測可能です。


ダイジェスト画面です。
こちらをざっと確認するだけでも訪問数や新規率、検索エンジン経由がどのくらいか、
PCとスマホどちらが多く見てくれているのかなどがわかります。

Pt engineを使うには

  1. メールアドレス、パスワードを入れて会員登録
  2. Pt engineの管理画面にログインして解析するホームページを設定
  3. Pt engineの解析コードをホームページ内に貼りつけ

上記の作業が必要になります。
解析コードをホームページ内に貼りつけ…というと敷居が高そうですが
一度チャレンジしてみてください。

詳しくは「初めてのガイド」、もしくは「Ptengine活用動画サービス」で
動画で設定方法を確認することができます。


ホームページがまだないんだけど…という場合

ぺライチで作って、Pt engineを入れるのがおすすめです。

ホームページは1ページでも大丈夫、ペライチの紹介

ぺライチで作ったページにPt engineを入れる場合、
解析コードの貼りつけはぺライチの「ページ情報編集」画面に文字列を入れるだけなので簡単です。

ホームページのアクセス解析、まずはPt engineで

弊社ではアクセス解析ツールとしてGoogle アナリティクスを使っていますが
知識があっても難しいと感じる場面が多々あります。

自社でアクセス解析をはじめたい方には
まずはPt engineから始めてみてはいかがでしょうか。

ハマ企画無料セミナー:リニューアルしなくても成果を出すホームページ ~コンテンツマーケティング編~