Abe NovyThree Hundred...bitches!!! 300/365

ホームページ・コンテンツで必要なのはやり方より在り方


この記事の所要時間: 235

ホームページ・コンテンツで必要なのはやり方より在り方

インターネットを使い情報を拡散する方法は沢山あります。
貴社のオリジナルをPR(拡散)し、集客をするためには、貴社の在り方を発信し続けることです。

やり方より在り方なのは、「上っ面」だけのやり方は誰もが実践をしていることだからです。

ホームページで集客するためのコンテンツマーケティングが設計できない時の方法

 

課題解決をしたいお客さまはやり方を探していながら貴社の在り方をみている

お客さまが貴社をGoogleなどの検索エンジンから見つけるのは、問題が発生し、問題に対する課題を解決したいからです。

その課題を解決する思いが「検索意図」となります。

検索意図から貴社のホームページを見付けた場合、まず結論を探します。
「できる」「できない」

そしてその理由です。
理由は主観でも構いません、貴社の在り方を書いているわけですから。

仮に貴社の課題解決が他社のをコピーしただけであるならば、それは「上っ面」だけのやり方であり。
お客さまは見破ってしまいます。

お客さまは常に、貴社の在り方をみています。

やり方だけでは事業の課題は解決しないから

在り方が重要なのは、事業というものはやり方だけで解決はしないからです。
やり方だけで成果はでないからです。

仮に貴方が「吉野家の牛丼のレシピ」や「マクドナルドのビックマックのレシピ」を手に入れたからと言って明日から外食産業で成功するとは限りません

レイ・クロックの名言・格言|自分のビジネスに関することは細部まで調べるこ

その課題の背景にあるものや思い全てを知る必要があります。
それが在り方です。

 

コンテンツは記事を作ればいいというものではない

在り方と同じく、コンテンツは記事を作ればいいというものではありません。
記事をつくるだけでは、それはやり方です。

貴社がお客さまに何を伝えたいのか、伝えることでどんな価値を感じていただけるのか。
価値の中にあるものが在り方です。

仮に、記事を大量につくっても無駄にはなりません。その記事からお客さまがどう感じているのか
感じていることを汲み取り、これをWeb解析と言います。
(少しの記事をWeb解析で仕上げていく方法もあります)

ブログは不器用でもいいから自社で書いて欲しい(コンテンツマーケティング)

 

ホームページ・コンテンツで必要なのはやり方より在り方

貴社にとってインターネットを使い自社の情報を拡散する方法は沢山あります。
重要なのは貴社のオリジナルの在り方をPR(拡散)し価値を感じていただいているお客さまを集客することです。

価値を感じ続けていただくためには、貴社の在り方に向き合いつくり続けることです。

やり方より在り方です。

ホームページを変え続けることが成果のヒントになる