Takashi POST

ホームページのお問合せ、お客さま意図を知る


この記事の所要時間: 254

ホームページのお問合せ、お客さま意図を知る

「ホームページからお問合せがよく来ます」中小企業経営家からお話を聞くことがあります。
お問合せをいただくということはとても嬉しいことですよね。

ハマ企画としては、その先のお問合せをしたお客さまの意図を知っておいた方がいいと考えています。

意図
何かをしようと考えている事柄。おもわく

いと【意図】の意味 – goo国語辞書

お問合せはトップページから見られているとは限らない

お問合せをいただくお客さまはトップページ、つまり貴社を指名しているお客さまとは限りません。
お問合せをいただいただけで嬉しくなり「弊社を指名いただいた!」と早とちりをしがちです。

トップページから見ているのは「ほぼ」貴社指名と考えてもいいでしょう、それ以外はお問合せをするお客さまが何らか検索意図をもって貴社のホームページを見ています。

問合せの検索意図は問題点を解決したいという気持ちと考えてもいいでしょう。

問合せたユーザを知る方法

問合せたユーザを知る方法はGoogleアナリティクスを利用します。

前提:お問合せにコンバージョン設定をしている

セグメント:コンバージョンに至ったユーザGoogleアナリティクスユーザセグメント

レポート:ユーザ>ユーザエクスプローラ

Googleアナリティクス ユーザエクスプローラ

ここでモデル(知りたいお客さま)を選択します。

ホームページの成果はどこから来ているのか

 

問合せした意図は初回訪問時の閲覧開始のページと

Googleアナリティクスのユーザエクスプローラを使い、問合せしたお客さまの意図を調べます。

Googleアナリティクスユーザエクスプローラ 選択

意図はコンバージョンをした時の閲覧開始より

Googleアナリティクス ユーザエクスプローラコンバージョン

初回訪問をした時の閲覧開始のきっかけを調べます。

Googleアナリティクス ユーザエクスプローラ 初回

OrganicSearch(検索エンジン)からの流入であれば、
その閲覧開始ページのタイトルを使い検索します。

例)
「みなとみらいで海が見えるタワーマンションに住んでペットとお散歩」というページであれば

「みなとみらい、タワーマンション、ペット」
「みなとみらい、海が見える、タワーマンション お散歩」

などキーワードを分析して、検索結果で表示されている他のページを調査します。

  • タワーマンションに住みたい
  • 海の見えるマンションに住みたい
  • ペットと散歩ができるマンションに住みたい

色んな仮説がたてられます。

成果に対する接点をホームページ中心で考える

問合せの意図から貴社の魅力がわかります

仮説とはいえ、問合せがあるということはこの閲覧開始のコンテンツと貴社の他のページと貴社自信の魅力がどこにあるかわかります。

魅力を伸ばすことでさらに貴社が高まります。
そして、お客さまの課題を事前に知ることもできます。

ホームページのお問合せのお客さま意図を知る

お客さまからお問合せをいただくということはとても嬉しいことです。
その嬉しさからもっと知りたいという気持ちを高めて

お問合せをしたお客さまの意図に興味を持ちましょう。
興味を持つことで貴社の魅力がわかると同時に、
お客さまの課題を事前に知ることができ、成果に近づくことができます。

ホームページのターゲットユーザは売りたい人ではなく

ハマ企画無料セミナー:リニューアルしなくても成果を出すホームページ ~コンテンツマーケティング編~