経営コンサルについて

経営コンサルとWebコンサルとWeb解析の違い


この記事の所要時間: 747

経営コンサルとWebコンサルとWeb解析の違い

経営コンサルと呼ばれる方は幅広く一部を除き明確な定めがないため
何を依頼していいのかわからない」という声を耳にします。

Webコンサルも同じ、幅広く何をやってくれるのか明確ではないため
依頼者側も戸惑うようです。

経営コンサルとはなんでしょうか?

経営コンサルとはなんでしょうか?
Webコンサルとはなんでしょうか?

そしてハマ企画の事業である
Web解析はどうなんでしょうか?

ここでは経営コンサルとWebコンサルとWeb解析の違いを切り口としWeb解析で実現できること、そこに存在するハマ企画の事業目的についてお伝えしてまいります。

経営コンサルとはそもそも何か

経営コンサルについて

そもそも経営とは何か?
経営とは規模・方針を定めて経済的にうまくいくよう事業を行うこと、または組織。」(明解辞書より)

事業と組織とあります。

コンサル、コンサルティングとは「相談に応じること、助言」とあり、より具体的には課題を解決するために助言を行うことです。

経営の課題とは何でしょう?

一般的に(巷)でよく耳にする経営コンサルは、幅が広いようですが「売上」アップの助言や、組織に関する相談ごとが多いようです。

実際のところ経営を行う、つまり事業を組織で行うためには次のような課題が生じます。

ヒトに関する課題

  • 採用、教育、人事評価、組織配属など

モノに関する課題

  • 商品開発、商品販売、新規顧客獲得(ヒト?)、既存顧客のフォロー(ヒト?)、クレーム対策など

カネに関する課題

  • 資金繰り、財務対策、売上管理など

これは一例です。

経営コンサルは一言で言えないくらい幅の広いコトなのです。

だから「私は経営コンサルティング」というのはあまりにも「何でも屋」になってしまうため「私は採用視点に立った経営コンサルティング」などとより具体的に発する必要があります。

つまり「経営コンサル」だけではよくわからない呼び名であることがわかります

Webコンサルとは

PhotoMIX-Company / Pixabay

Webコンサルはどうでしょうか?

「ホームページ」に対するコンサル! と言い切っていいのでしょうか?

ひとえにホームページのコンサルといえども これまた幅が広く

  • 制作に関すること、つかいやさ、わかりやすさ、システム(仕組み)、サーバー選び、セキュリティ、集客など

これも一例
Webコンサルも一言で言えないくらい幅の広いコトですなのです

Web解析とは

Web解析は次のような定義が一般的です。

“ウェブ解析は、ウェブサイトを軸としたあらゆるデータを活用し事業成果の最大化をすることです。 ウェブ解析はウェブマーケティングで必要なスキルの1つであり、事業成果をあげるためウェブサイトから得られる数値を元にユーザーの声を聞き、仮説検証→原因分析→対策立案を繰り返すことで事業成果につなげていきます。”

ウェブ解析士とは | アイクラウドウェブ解析サービス

ウェブ解析士とは

つまりホームページを軸として取得したデーター(数値)を活用し、
事業活動にいかして成果をもたらすWebマーケティングのひとつのこと。

具体的には
ホームページでお問合せをもらうために、お問合せをもらった時のデーター(Googleアナリティクスなど)
を参考にして集客してより多くの成果を得るための手段

※ウェブ解析?Web解析?
カタカナのウェブ解析はウェブ解析士とのつながる言葉となり
これはウェブ解析士協会 代表理事の江尻氏が所有している言葉となります。
ウェブ解析士協会さんを尊重しここではアルファベットのWeb解析を表記ささせていただきます。

rawpixel / Pixabay

ハマ企画のWeb解析とは

ここでハマ企画のWeb解析について

ハマ企画の理念は

「誠実さと思いやりを持って
心をつなぎ
平和な 共創社会を広げます」

ここにある「心をつなぎ」がハマ企画の事業になります。

現在の事業の目的は
解析の力と真心を強みにし ウェブサイトで 事業を発展させます」
心をつなぐ手段として 解析の力を借りています。

ハマ企画の解析はWeb解析です。

理念については私の生い立ちまで遡りますので今回は控えます

Web解析で実現できることとメリット

「Web解析ってアクセス解析でしょ?Googleアナリティクスだったら簡単にわかるじゃない!」その通りです。

Googleアナリティクスを使えば、数値化できるのでわかりやすいですよね

しかし事業の成果に貢献できるWeb解析はGoogleアナリティクスだけでは実現できません。

企業のあり方や目的を理解した上で、Web解析を使い事業の成果に貢献できるようになります。

企業のあり方を中心に添えて、ホームページをに企業のあり方のテイストを加える(企業のあり方 = ホームページ)

企業(自社)がどうあるべきかを理解するとWeb解析の視点が変わります。
視点が変わるということは解析指標のとり方も仮説も施策も変わります。

より具体的な施策がみえてくるため、事業の成果に貢献できるようになるわけです。

売上計画の優先事項

解析でみえてくる問題点を解決すべき課題

Web解析が事業に対してより具体的な解析指標として取れるようになると、
問題点が解決すべき課題となります。

課題となれば、その課題を解決するだけです。

・この成果のためにこのページを改善する

・このユーザーのためにこのページを改善すると成果貢献ができる

課題解決がWeb解析を用いたホームページの運営指針となる

課題が明確になり、施策を導くことで、ホームページ運営の指針が明確になります。

指針が明確になれば実行すればいいだけ。

なんとなくリニューアルや改善を行うより、
このためのホームページをよりよくするための運営方針、運営指針から導かれた施策は、統一がとれて「なんのための改善施策なのか」が理解できます。

ホームページ集客

Web解析が成果の最大化を保証する理由とは

企業のあり方を中心に添えたホームページに対するWeb解析であるから
こそ何をやるかが明らかになります。

「なんとなくPV(ページビュー)を100万にする」よりも、業界の10%を目指すために 10万PVを目指した方がより具体的になります。

業界を意識することで、事業とWeb解析の方針がマッチします。

このことがWeb解析が成果の最大化を保証する理由

ハマ企画のWeb解析軸で行うWebコンサルに対する取り組み

ハマ企画の事業目的は
「解析の力と真心を強みにし ウェブサイトで 事業を発展させます」

ハマ企画はWeb解析を軸としたWebの課題を解決するWebコンサルティング会社です、漠然としたWebコンサルティングではなくWeb解析軸

Web解析軸は企業のあり方が中心となっているため、クライアントへ具体的な提案が可能となります。

かっこいいデザインのホームページを制作するためのコンサル
よりも

成果貢献のできるホームページを運営するためのコンサル
とご理解ください。

ハマ企画は デザインリニューアルだけを目的するのではなく、
Web解析で成果に貢献するためのホームページ運営指針を提案するWebコンサルティング会社です。

まとめ:経営コンサルとウェブコンサルとWeb解析の違い

最初は経営コンサルとWebコンサルについてお話をすすめました。
またWeb解析の本来の意味についても。

最後はハマ企画のPRとなってしまいましたが、
私たちが望むことは お客さまとクライアントの心をつなぐこと。
心をつなぐことはすなわちWeb解析をもって事業成果に貢献することです。

よい会社が世の中のお客さまと心がつながると、
サービスを提供している会社に成果がもたらされます。

とてもシンプルで、とても当たり前なことです。

PR:ハマ企画のWeb解析軸のコンサルティング

ハマ企画では、あなたの会社のホームページを解析することで現状の課題を明確にいたします。
まずは初期Web解析。
初期Web解析を行うことで現状分析だけではなくWeb戦略指針をつくることが可能になります。

詳細はお問い合わせください


ホームぺージの改善で集客する方法 無料ダウンロード