WordPressでホームぺージ制作する?しない?


この記事の所要時間: 319

CMSという言葉をご存知でしょうか?

CMSとはコンテンツ管理システムのことで、ホームぺージに導入すると専用の知識がなくても文章や画像を載せることができます。
CMSにもさまざまな種類がありますが、世界でも日本でもシェアがNo.1なのがWordPressです。

Q-Successから2018年11月のWebサイト向けCMS (Content Management System)シェアが発表された。11月はWordPressがシェアを増やし、Joomla、Drupal、Magentoがシェアを減らした。

CMSを使っていないサイトの割合は減少しており、インターネットにおけるコンテンツはCMS、とくにWordPresを使って提供される割合が増加している。

https://news.mynavi.jp/article/20181105-717352/
マイナビニュースより引用

ハマ企画でも新しくホームぺージを作る場合はWordPressをオススメすることが多いですが
WordPressでホームぺージを作った方がいい場合と作らなくてもいい場合をまとめました。

WordPressで制作した方がいい場合

既存のぺージの一部をよく修正する

日にちや人数だけ変えたいなどぺージの一部を修正する場合、
HTMLで書かれたホームぺージだと知識がないと修正・反映が難しいですが
WordPressならブラウザを立ち上げて該当部分を修正、更新ボタンを押せばすぐに反映することができます。
ものの5分でできます。

ブログを書きたい

もともとWordPressはブログを書くために開発されているものですので
ブログを書きやすいような作りになっています。
ブログを更新したらトップページの新着情報に載せたい、なども簡単にできます。
企業のホームぺージでも会社情報やサービスの他に事例や実績などをブログとして日々更新していけば
検索した人の目に留まりやすくなります。

変更があったらすぐに反映したい

外部に更新を委託していると営業時間が決まっていたり修正、確認…と即時反映が難しいことが多いもの。
その点上記に書いた通りすぐに反映することができるのでタイミングを逃しません。

コストをあまりかけたくない

WordPress自体はオープンソースといって無償で提供されているため
導入コストは低いです。(レンタルサーバー・ドメイン費用などは別途必要です)
カスタマイズできるテンプレート、機能を追加できるプラグインも豊富にあり、
制作費用を抑えて見栄えのよいホームぺージを作ることも可能です。

スマートフォン対応したい

WordPressのデフォルトテーマなど数多くのテーマでスマートフォン対応しており
PC用、スマホ用と別々に更新しなくても一つの画面で両方反映することが可能です。

既存サイトをWordPressに移行するメリットとは

WordPressで制作しなくてもいい場合

  • 会社案内だけでよい、こまめに更新するぺージもない
  • 1枚もののサービス紹介ぺージを作りたい

こちらの場合はペライチというサービスをオススメする場合もあります。

ホームページは1ページでも大丈夫、ペライチの紹介

WordPressを上手に使ってホームぺージ活用していきましょう。 

初回1回に限り、無料でホームぺージ相談を受付中

WordPressに興味はあるんだけど今のホームぺージからの移行はどうするの?
今違うCMSを使っていて乗り換えたい…などのお悩みに専門スタッフがアドバイスいたします。
来社予約をお待ちしております。

ホームページ無料相談

ホームぺージの改善で集客する方法 無料ダウンロード