Fireworksで左右対称のものを描く


この記事の所要時間: 120

今回はFireworksで左右対称のものを描くときに便利な方法です。

最近、たまたま描く機会があったのでチューリップです。

1.花びらを描く


パスツールで花の部分を描いていきます。
下に水色の線が残っていますが、これはただ単に私が唐突にパスで描いていくのが
苦手なので当たりとして何となく取っているだけです。
左右対称にして描いていくので、真ん中に罫線を引いておきましょう。

2.もう半分の花びらをつくる

次に、花びらのもう半分を作ります。
1で半分だけ描いた花びらの部分をコピー&ペーストしたら、コピーしたものを
[変更]→[変形]→[水平方向に反転]で反転させます。
それを移動していくと…、

チューリップの花びらの形になりました。
このとき、アンチエイリアスが掛かっている場合、1pxだけ重ねてあげると
パスを結合したときに違和感がないと思います。

3.パスの統合

このままだと花びらが分割されている状態なので、パスの統合をします。
(正しくは統合ではなく合体ですが…)

[変更]→[パスの結合]→[合体]でパスを合体させます。
ショートカットは「Ctrl+alt+U」です。

パスが結合されて1枚になりました。

4.完成


あとは残りの部分も同様に描いていけば完成です。
グラデーションで影やハイライトをつけて立体感を出してみました。

今回は「左右対称のもの」として説明をしましたが、
反転する際に[変更]→[変形]→[垂直方向に反転]で上下対称のものも
簡単に描くことができます。

ぜひ、お試しください。

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です