Jean-Pierre Dalbéra Borne de consultation du carnet du Louvre de Turner (RMN/Grand Palais)

ホームページのリニューアルは定義よりも課題解決


この記事の所要時間: 244

まずはホームページ制作の要件定義から語る

要件定義からから語るホームページ制作会社さん、
制作する仕様について話します。

約束事を決め、そして制作にかかる稼働、つまり費用を捻出する必要があるからです。
要件定義は大切なことですが、それだけで終わってしまうのはとてももったいないことです。

要件定義とは
要件定義とは、システムやソフトウェアの開発において、実装すべき機能や満たすべき性能などのを明確にしていく作業のこと。 いわゆる上流工程の一部で、実際の開発・実装作業を始める前に行う作業の一つである。

Web制作における要件定義で心がける5つのポイント | 新人ディレクター向け …

ホームページリニューアルを制作会社に依頼する時には

要件定義は吊るしのスーツのようだから

ただこの要件定義は、スーツ販売に例えると、流通点にある吊るしに近いイメージがあります。
ホームページ制作で明確にしながら実は、制作会社都合の作業というパーツを組みあせただけの可能性がるからです。

吊るしのスーツにしないためにどうしたらいいのか…

ホームページはカスタムメイドのスーツ

ホームページは、カタログのようなものであれば、今まで通り吊るしのスーツのような要件定義でもかまいません。
いまのホームページは成果が求められています。
その場合、吊るしのスーツのような、既存や既製品の組み合わせだけでは要件定義を満たされなくなってきました。

要件定義が満たされなくなった理由として、

Webマーケティングの要素が必要になってきたからです。
Webマーケティングはユーザーの多様性から顧客を創造していくため、
あらたな要件定義が必要です。

会社の成長に合わせたホームページリニューアル

 

要件定義から課題解決型ホームページリニューアルへ

新たな要件定義は、ホームページまたはビジネスに対する問題点を抽出して、課題に変えて解決すること

課題解決型のホームページを目指すことです。

課題解決型のホームページリニューアル。

売上があがらない
売上があがらない理由はなにか

  • デザインがわかりづらい
  • コンテンツへたどり着けない

よくある意見です、この問題点を課題に変えた場合

デザインがわかりづらい

わかりづらいは誰に向けてでしょうか、わかりやすいデザインにするためにはお客さまを理解して、
お客さまがあなたのホームページのサービスを理解しやすくする、言葉や構成にする必要があります。

コンテンツへたどり着けない

「トップページ至上主義」の場合ほとんどこれです、
お客さまの導線のほとんどがトップページである場合、お客さまのことを理解していない可能性があります。
コンテンツへたどり着く ではなく、最初からお客さまの欲しいコンテンツを提案していくことなのです

これらの課題を解決することが今のホームページリニューアルです。

株式会社ハマ企画開催:リニューアルしなくても成果を出すホームページ ~コンテンツマーケティング編~【横浜】