ホームページは自社でつくる

自分でやってみる!ホームページ診断・アクセス解析に頼らない方法(超入門)


この記事の所要時間: 359

公開されたホームページの診断方法

ホームページ診断を検索をすると成果をあげるための診断をよくみかけます。
その中でも使われる方法がアクセス解析。
Googleアナリティクスを使って指標をみて…

我々のような専門家であれば、Googleアナリティクスである程度の診断は可能です。
(事業分析が必要なため「ある程度」と表現しました)

この記事ではアクセス解析に頼らない簡単な方法をご案内いたします。

自社のホームページを診断してみましょう

 

会社名で検索をしてみる

ホームページ制作の相談

シンプル!
Googleを使って会社名で検索をしてみてください。
(必ずシークレットモードなどにした上で)

まずはそのままで
次には株式会社などをつけて

あなたの会社がGoogleで1位に表示されていますか?

表示されていなければ大問題です。
会社名で検索をすると、よほど大手ブランドと同じでないかぎり、まず1位に表示されます。
1位で表示されない場合は地域名を加えて下さい。

もし表示されていないのならば、あなたの会社名はインターネット上では知られていないことになります。
あなたのお客さまは誰もあなたの会社を検索していないとも。

改善するためには

  • ホームページに会社名が表記されているか確認
  • ホームページにエラーがないか確認
  • 名刺はメールにあなたのホームページにことが記載されているか確認

そして、あなた自信が自社のホームページを検索してみてください

商品名と地域で検索をしてみる


あなたの会社の主力商品またはサービス、そして地域名で検索をしてみてください。

何が表示されますか?
もし上位3位以内であれば、あなたの会社の商品は地域で認められている商品です。

そこから成果がでていなければ

  • 商品説明がむずかしい→専門用語をなるべく使わずに説明してください
  • お問合せなどの窓口がついてない→わかりやすく表示してください

商品やサービスがホームページ上で購入しずらいものであっても、反響獲得はできます。

もし上位表示されておらず2ページ以降にもあなたの会社の商品に関するホームページが表示されない場合は
あなたの会社の商品は地域では知られていないことになります。

  • 商品ページについて見直しましょう
  • 商品やサービスについて正確な名称がタイトルに付けられていますか?
    (ブラウザーでブックマークしてみるとき商品名が見えていますか?)

地域でも競争の激しい商品であれば、上の対策を行っても改善しません。
その場合は、SEO対策またはコンテンツマーケティングや広告など、専門の業者さんに相談をしましょう

検索エンジンから来たユーザの気持ちと商品の関係でホームページ更新する

 

スマートフォンでホームページをみてみる

あなたの会社のホームページは会社のパソコンだけでみていませんか?
「うちの業種はスマートフォンではみられないから」
断言するのは危険です。

試しにあなたの会社のホームページをスマートフォンでみてみてください。
そしてお問合せまでスームーズに苦なくすすめられるのであれば問題ありません。

見た目がパソコンのままでお問合せまでなかなかすすめられないようであれば、
専門の業者さん(ホームページ制作会社さんなど)に相談をしてみてください

Googleのモバイルフレンドリーテスト

Googleが無料で提供しているスマートフォンなどに対応をしているかを診断するツールも使ってみて下さい。

Googleのモバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテスト

アクセシビリティチェックをしてみる(番外)

番外編です、アクセシビリティというハンディキャップを持った方でもホームページを閲覧できるかどうかを診断することです。
公的なサービスや病院などはアクセシビリティのチェックをしてみてください。

ホームページは何気ない目線が必要

この記事でご紹介をしたホームページ診断。
Googleアナリティクスのことがわからず、専門的な方法がわからない方のための今すぐできる方法です。
また、プロであってもこの方法は最初使います。

こんな初歩的な…とおっしゃっているかた、一度お試しください。

あなたの会社を知らないお客さまの目線がわかるようになります。

 

ホームページ診断