Phalinn Ooi Tanjong Leman

不動産仲介業者さんがホームページで成果をあげるためには


この記事の所要時間: 358

不動産仲介業者さんがホームページで成果をあげるためには

世の中には多くの不動産会社さんがあります。今回はその中でも仲介業者さんについて、どのように成果をあげるべきかを簡単にお伝えいたします。

元不動産業者が考えるホームページ戦略

 

不動産仲介業者さんの特徴を知ろう

あなたが不動産業の経験者ならご存じでしょうが、不動産を取り扱う業者はさまざまです。

不動産会社は全て同じではありません。

その中でも不動産仲介業者は、基本「自社の所有物件」を持っていません。

他人の物件を取り扱うことが基本で、他人の物件の定義も、自社が管理(または専任)している物件と業者が取り扱っている物件とがあります。

そしてほとんどの不動産仲介業者さんは、その物件が空いているのか?契約されてしまったのか?常に知っているわけではありません。

知るためには聞く、または調べるという行動をとっています。

言い換えると…不動産仲介業者は情報を売りにしている会社さんです。

間違いだらけの不動産会社のホームページ制作

 

自社物件が多い場合は物件の良さをPRする

不動産仲介業者さんの中で、自社が管理している物件を多く持っているのならば、物件の良さをPRしましょう。

ただし「抜かれない」のが原則です。
「抜かれない」ようにするには、不動産仲介業者さんと物件の所有者の関係性の問題です。

ホームページ制作会社さんが安易に物件情報の公開を推奨しても、不動産仲介業者さんがいまひとつ乗る気ではないのは、この「抜く」という業界の慣習があるからです。

業物が多い場合は自社の強みをPRする

世の中のほとんどが自社の管理物件より業物(他の業者物件)の取扱数が多くなっています。

不動産のポータルサイトが出てくるまでは、業物を自社物件のように取り扱い、お客さまに提案できました。
しかし、今やインターネット上での不動産を探す力はお客さまの方があったりします。

業物を増やして掲載をしても、お客さまは見抜いています。

この場合、自社の強みをPRしましょう。

例)

  • 地域性のアピール
  • 不動産契約に関するアピール
  • すまいや生活に関するアピール

上の3点などをコンテンツマーケティングですすめれば強みをPRできます。

インターネットのお客さまは「サイトの構造化」というSEOで集客する

知らないお客さまをインターネットから自社のホームページへ集客するためには、「サイトの構造化」が必要です。

例)

  • 地域:六角橋駅、白楽駅、厚木インター(横浜は広すぎ、駅通勤エリアであれば駅、車であれば道路や地域など)
  • ジャンル:中古マンション、リノベーション住宅
  • 条件:ペット可、オートロック
  • その他:駅徒歩5分、すみたい街ベスト10

不動産の場合、構造となる内容が多岐にわたるため、初回の設定はお客さま目線で念入りにすすめた方がいいです。

不動産会社のホームページで気がついたこと

 

不動産業者のホームページの成果を確認する

不動産という業種は楽天のように手に取る商品ではなく、法律上現物の確認して手続きをすすめないと販売に至りません。

成果のあがるホームページ、1回の訪問より再訪問させる仕組みをつくる

 

その場合ホームページ上の成果は次のようになります。

  • 資料請求
  • 電話

これを反響と言います。
この反響をどのレベルで獲得するかです。
例えば、繁忙期と言われる2月ですと、急ぎのお客さまの反響を得ることができますが、実はこの時期はもう獲得の時期ではないので、価格競争になります。

  • 獲得の顕在(具体的)な時期は11月より前です。
  • 獲得の潜在時期はもっと前です。

必要なのは反響数もしかることながら、潜在時期にファンをつくることです。

不動産仲介業者さんは営業マンが多いため、売上だけに注目しがちですが…、
その手前を成果の一部に取り入れることで、もっと大きな売上を手に入れることが可能になります。

不動産業者のホームページの成果を確認するには、じっくりと、マーケティングレベルからお話ができる体制と関係性が必要です。

ホームページ診断