ワークショップ

会社のホームページを作るには


この記事の所要時間: 310

会社のホームページを作るには

会社のホームページを作る時、どうしたらいいのかわからない。

ホームページ制作会社に頼むのか、自分で作るのか…

今の時代、ホームページは自分でも作ることができます。
ただ、会社のホームページを作る時、専門用語だらけの情報を読み解き学ぶことが必要と思ってしまいます。

実は、専門用語を学ぶ前に準備することがあるのです。

ホームページ制作はどんな流れですすめればいいのか

 

ホームページをつくる技術より会社について考える

技術はどんどん便利に、簡単になってきます。
ホームページをつくる技術も同じ。
特別なことをやらない限りとても簡単です。

しかし簡単ではないことがあります。
それは会社です。

あなたの会社はどんな会社なのか?
ここが一番難しいのです。

誰に伝えるのか

あなたの会社のことを誰に伝えるのか?
これがとても重要です。

お客さまであることは間違いないのですが、
お客さまも様々です。
最初から商品やサービスを購入する人だけがお客さまではありません。

購入する前の人もお客さまです。
そのお客さまが誰なのか?

どんな人なのか、まず考えましょう。

30代で会社経営者…という年齢も必要ですが、もっと詳しくです。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 趣味
  • 家族構成

どんな価値を伝えるのか

あなたの会社はどんな商品やサービスを持っていますか?
それはあなたの会社だけの価値に変えられることができますか?

自社にしかない価値を考えます。

お客さまのことを知っていれば、そのお客さまがあなたの商品やサービスを利用してどんな気持になりますか?

  • 嬉しい
  • 楽しい
  • 便利

今のお客さまに聞いてみて下さい。
ライバル会社を尋ねて、そこにいるお客さまの顔をみてください。

お客さまが感じる価値を理解することです。

伝える相手、伝える価値がわかれば、どんなビジネスも成功します。
ホームページをつくる前に、会社について考えましょう。

コンセプトワークショップでコンテンツマーケティング目的を明らかにする

 

ホームページに載せるべき情報は

伝える相手、伝える価値がわかれば、あとはホームページにのせるべき情報へあてはめます。

  • お客さまへ伝えるメッセンジャー(わかりやすい言葉で)
  • あなたの価値について語る
  • 商品やサービスを簡単に紹介する(無理な売込みはしない)
  • 会社概要
  • 会社の所在地とサービスが受けられるエリア
  • 経営理念
  • お問合せ方法

この7点だけです。
この載せるべき内容を、テキストエディター(メモ帳あぷり)やWord、Google Docs
に書き連ねてください。

写真は?
基本は自分で撮影した写真がよいのですが、見つからない場合はぱくたそなどのサービスを利用しましょう。
ただし利用規約は必ず目を通すようにしてください。

会社のホームページ、手始めはシンプルでいい

会社のホームページを作る時、手始めはシンプルなホームページでかまいません。

ハマ企画が最近提案しているのがペライチです。
ペライチを使えば1ページでお客さまに伝わるページができます。
(ハマ企画では導入サポートもしています)

SEOや集客については、この次です。

まずは頭の整理をかねて会社のホームページを作るにはシンプルに。

ホームページは1ページでも大丈夫、ペライチの紹介

 

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です