あなたの会社のホームページは自分で更新する!


この記事の所要時間: 421

ホームページ更新の仕組み(CMS)を入れて、誰が更新するのか

ホームページは自分で更新をする!
そんな思いで導入したホームページに更新の仕組み(CMS)。
入れただけでは、ホームページは自動的に更新はされません。

自分で更新するためには、あなたの会社で担当を決める必要があります。

PublicDomainPictures / Pixabay

WordPress(ワ-ドプレス)でブログをやろう!…という初心者の方へ

 

ホームページの更新と修正はちょっと違う

martakoton / Pixabay

ホームページの更新はいまのホームページより良くすること。
良くするというのは、お客さまに向けて、わかりやすくするために あなたの会社が伝えられる価値(コンテンツ)をどんどんよくすることです。

修正は、誤りをただしたり、整えることです。
誤字脱字をただしたり、見た目の少しととのえること、小さな修正であればあなたの会社でも可能ですが、大きな修正はホームページ制作会社さんにお願いすることになるでしょう。

まずは、更新と小さな修正に対応しましょう。

ホームページ更新するためには何を伝えるのかを考えてみる

TeroVesalainen / Pixabay

ホームページ更新するためには、あなたのホームページとは何かをよく考えてみましょう、ホームページはあなたの会社の良さを伝えるものです。

あなたの会社のホームページから成果を求めるのなら、どんどん良さを伝えましょう。

  • あなたの会社の新しい情報を伝える
  • あなたの会社のサービスに対していただいた質問を記事にする
  • 類似サービスを調べて困っていることを解決するための記事つくる
    (Yahoo知恵袋などで検索するとわかりますよ)

自慢話よりあなたの会社の良さ伝えるためにはこの上のような記事を発信するとことです。

あたのお客さまに対してどのようにお手伝いができるのか、お手伝いとは、お客さまの課題を解決することです。

ホームページ制作会社やWeb解析では誰に何を伝えるべきか

 

あなた会社の魅力を伝えられるのはあなたたちだから

課題を解決することをホームページで発信すると、その内容を通してあなたの会社の魅力が伝わります。

課題を解決できる魅力を知っているのは、あなたの会社にいる皆さんです。
つまりあなたたちなんです。

  • あなたの業界のこと
  • あなたの商品の良さ
  • あなたが知っているお客さまの質問
  • あなたがお客さまに選ばれている理由

ホームページに来ていただきたい人、ペルソナを設計することより今のお客さまを知りましょう

 

残念なのは更新の記事だけをホームページ制作会社さんやライターさんに丸投げすること

残念なのはあなたの会社のことではない記事だけをライターさんに丸投げすることです。

丸投げはホームページを通じてお客さまに伝わってしまいます。

残念にならないための方法

課題解決したいお客さまはどんな方なのか
あなたの会社がどんな会社でどんな課題を解決できるのか

つまりお願いするライターさんと伝わるまで何度もお打ち合わせが必要です。

1回のヒアリングシートだけでは伝わりません、1枚のヒアリングシートは確認程度のものであなたの会社の魅力を確認するものではありません

ホームページ戦略 、中小企業家の実践報告

 

ホームページに更新の仕組み(CMS)を入れて更新するには

いきなりあなた会社のご担当でけではホームページの更新をするという活動自身がつらくなり疲弊してしまいます。

更新をするためには次のようなことを確認しましょう

  • 伝えたいお客さまはどんな方?
  • 今お取引しているお客さまはどんな方?

まずはお客さま(ユーザ)を思い浮かべてください

そして「お客さまが質問していくる内容はどんなこと?」
いくつか上げて下さい、短い文章でもかまいません。
沢山あげてください。

10点?
20点
50点…これだけ出すことができればお客さまに魅力が伝えます。

質問を元に文章化してください。

弊社のようなプロにご依頼いただくと、設計の方法や成果を出す方法をじっくり話し合います。

ここでお伝えしたのは、まずあなたの会社だけでできることとして簡単にまとめました。

まずは自社で試してみてください。

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です