Matt Vincent Piano Keys

ブロガーさんと企業のコンテンツマーケティングは違う


この記事の所要時間: 245

ブロガーさんと企業のコンテンツマーケティングは違う

「コンテンツマーケティングをやろう」「これからのSEOはブログだ!」様々です。
そもそも、ブロガーと企業のコンテンツマーケティングは全く違うものです。

  • ターゲットのユーザが違う
  • ブロガーはPVが収益モデル、しかし企業は違う
  • コンテンツマーケティングは狙うものではない

様々な理由があります。

中小企業向けのコンテンツマーケティング

 

ターゲットとなるユーザが違う

ブロガーのターゲットは主にB2C( 個人向け)です。
一般のユーザさんが、注目したいモノを早いタイミングで記事化して導くことです。

企業のすすめるコンテンツマーケティング、B2Cもありますが、B2B(対企業)もあります。
企業が価値を届けるユーザへ、問題点や課題が解決できるように案内します。

  • ブロガーさんはトレンドと向き合う
  • 企業は、自社に向き合う

PVが収益ではない

ブロガーさんのビジネスモデルはPVが軸となります。(PVが収益モデル
沢山の人に見てもらい、ブロガーさんの記事にある、広告を観てもらったりクリックしてもらうことで彼らは売上につなげます。(アフィリエイト

企業のコンテンツマーケティングはPVだけが収益もでるではありません。
PVはセッション数は沢山の人に認知される指標とはなりますが、指標はあくまでも指標です。

その指標が売上にどのようにつながるのかを、組み立てていきます。
(もっと複雑です)

 

※最初はPVからスタートしても構いませんが本質はPVではありません

中小企業のホームページの評価、最初はPVでもいい

 

「狙わない」ことが貴社の活動そのもの

ブロガーさんはトレンドと向き合う
つまり、トレンドを狙いPVを増す。

企業は、自社に向き合う
つまり、自社(貴社)の活動そのものを可視化させます。
自社に向き合い、自社がどのようにユーザへ価値を届けるのか、
ユーザの検索意図が、問題を解決できるものなのか…。
(簡単な例であればQ&A)

ユーザ視点(お客さまの目線)で自社や自社の業界を見つめると、意外な問題点がでてきます。
その意外性は、コンテンツマーケティングを続ける(可視化)することで明らかになります。

ブログで刺さるコンテンツを書こうとすると疲弊する場合がある

 

ブロガーと企業のコンテンツマーケティングは違う

「コンテンツマーケティングをやろう」「これからのSEOはブログだ!」様々です。
そもそも、ブロガーと企業のコンテンツマーケティングは全く違うものです。

  • ターゲットのユーザが違う
  • ブロガーはPVが収益モデル、しかし企業は違う
  • コンテンツマーケティングは狙うものではない

今回はこの3つにしぼりお伝えしました。
ブロガーは自由に記事をつくることができます。
しかし、コンテンツマーケティングは自社を見つめて、設計をした上で記事をつくる必要があるのです。

ハマ企画無料セミナー:リニューアルしなくても成果を出すホームページ ~コンテンツマーケティング編~