Michael Hiemstra Wisteria seedlings

ホームページも事業と同じで育てていくこと


この記事の所要時間: 226

ホームページも事業と同じで育てていくこと

ホームページは企業の鏡です。
ホームページは企業と一体である必要があります。
企業をささえている事業、事業は成長する必要があります。

事業が成長するならばホームページも成長する、つまり育てていく必要があるのです。

お客さまも外部環境も変わり続けているから事業定義も変る

インターネット、ソーシャルメディア、ダイバシティ、いろんなキーワードが溢れ私たちにライフスタイルも変化しています。
ライフスタイルの変化は社会にも影響を与えています。
社会に影響を与えている、つまり外部環境の変化。
その変化はどんどん加速しています。

変わり続ける外部環境

外部環境もお客さまも変わり続けるのならば、企業における事業定義も変わり続ける必要があります。

  • 固定電話→携帯電話→スマートフォン
  • テレビの地上波→オンデマンド配信番組(NetFlixやHulu)

事業定義が変わり続けているのは、今に始まったことではありません

  • エルメス
    創業時は馬具工房
  • トヨタ自動車
    創業時は豊田自動織機製作所

このように事業定義が変ていくならばホームページも変えていく必要があります。

ホームページは変えることより育てていくという発想で

ただしホームページの場合変えていくより育てていくという発想ですすめてください。
ホームページは時間あまりかけずに更新し発信することができます。

発信したホームページの情報はアクセス解析などにより解析(分析)することができるためホームページの発育(?)状況によっては、自社の事業がどのように届いているかを把握することができます。

変えていくという発想から、育てていくという発想に変えるのはどんどん成長させていくということです。

ホームページを育てていく方法は

ホームページを育てていく方法はさまざま

代表的なのは

  • お客さまの課題を解決できる情報を発信する
  • 会社の活動を可視化する
  • 商品情報をわかりやすくする
  • ボタンやナビゲーションを使いやすくする

他にもありますが、この育てていく方法は、お客さま目線ですすめる必要があります。
お客さま目線はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を元にしたWeb解析で理解することができます。

ホームページも事業と同じで育てていくこと

ホームページは企業の鏡です。
ホームページは企業と一体である必要があります。
企業をささえている事業、事業は成長する必要があります。

事業が成長するならばホームページも成長する、どんどん育てていきましょう。
ホームページを育てていくことで、事業成長も成長していきます。

経営理念:2016年 成長できる場の提供ができるWebマーケティング中心のWeb屋