日本国内での中国語翻訳ページは中国本国の検索結果で表示されない?


この記事の所要時間: 142

情報検閲
2020年、東京オリンピックを5年後に控えている今、中国への情報発信に力を入れている方々も
多くいらっしゃると思います。

今回は日本国内での中国翻訳ページの現状とその現状をスマートに克服するサービスをご紹介します。

グレートファイアーウォール(中国国内の情報検閲)

中国には「グレートファイアーウォール」と呼ばれる情報検閲が存在するのをご存知ですか?

有名な所だと、中国国内ではTwitter、Facebookが利用できない事は有名ですね。
グレートファイアーウォルとは簡単に言うと中国国内で表示出来るサイトを中国政府が
検査し、国家が不都合と判断したものを取り締まっています。

これにより、日本国内で制作された中国語サイトは中国国内の検索エンジンでは
表示が異常に遅かったり、表示されなかったりという現状があります。

これをクリアするためには「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」というものが
必要になります。

ICPライセンスとは?

中国政府が情報を統制するために実施している審査制度です。

つまり、日本国内で中国語のサイトを公開しても日本でしか見られていない
可能性があります!

中国語サイト制作をお考えなら自動翻訳サービスを!

もしこれから中国語サイトを制作しようとお考えなら自動翻訳サービス
「WEB-Transer@ホームページダイレクト」の導入を!

すでにICPライセンスを取得した中国のサーバをご用意いたします。
これを利用することで中国国内での検索エンジンに表示されるようになります。

ホームページの中国語翻訳は自動翻訳を使用するので日本語のサイトを更新すると
自動で中国語に翻訳されます。
手動で翻訳をするコストや時間が一気に省けます!
まずは一度お問合せください!

WEB-Transer@ホームページダイレクトについて問い合わせる

ホームページ翻訳サービス

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です