Juhan Sonin My office: dual Apple 30 LCDs

【 PREP法 】 コンテンツマーケティングの構成にオススメ


この記事の所要時間: 217

【 PREP法 】 コンテンツマーケティングの構成にオススメ

PREP法は話し方。話を上手に進める手法の1つです。
ウェブ解析で作成するレポートでも応用できます。

コンテンツ構成に悩んだらPREP法をオススメ

(Point)

PREP法を使って書くと、文章の説得力を大きくに増すことができます。
まず結論(Point)を述べ、結論に至る理由(Reason)を説明し、具体例(Example)を挙げます。
最後に、もう一度結論(Point)を述べることで、相手に強く印象を与えます。

成果に導く ブログ継続コツ

 

相手にわかりやすい

(Reason)

導入部で結論を明確にする事により、相手は安心する。
文章の説得力を大きく増すことができる。

成果に導く ブログ継続コツ

 

(Example)

Googleアナリティクスの紹介を文章にすると以下のようになります。

Point ウェブサイトの状況を把握するにはアクセス解析ツールは不可欠です。そのなかでもGoogleアナリティクスがオススメです。
Reason about:HPWが2014年11月に行った調査では、上場企業コーポレートサイトの約60%で使用されている結果が出ました。Googleアナリティクスは高性能でありながら、無料かつ広告の入らないアクセス解析ツールだからです。
Example サイト内での動き、何に興味があって訪問したのか、などユーザーの行動や属性が分かります。また、ウェブマスターツールなどGoogleの他サービスと連携できます。
Googleアナリティクスは設定をすることで様々なデータが計測できるようになります。
Point Googleアナリティクスは多くのサイトで使用されている信頼できるツールです。アクセス解析ツールで迷ったなら、Googleアナリティクスをオススメします。

PREP法を使ってユーザーに優しいコンテンツを

(Point)

順に追って話すことでかみくだきやすく、リスナーにはわかりやすい展開になります。
コンテンツマーケティングでユーザーに強く印象を与えるには、PREP法を活用して構成しましょう。

アクセス解析

ハマ企画開催無料セミナー:検索はYahoo?こんなに違うYahooとGoogle