医療広告ガイドライン ホームページで対応しましょう


この記事の所要時間: 118

医療広告ガイドライン ホームページで対応しましょう

医療広告ガイドライン ホームページ で対応すれば広告と見なされない

厚生労働省による「医療広告ガイドライン」改正に伴い、Yahooの広告掲載ガイドラインも
【クリエイティブからのリンク先のサイトについても広告として取り扱われる】ようになりました。

医療広告ガイドラインの改正についてはこちらの記事を参照ください。

広告に頼れなくなった今、対応できるのが「ホームページ」です。

ホームページは【当該病院等の情報を得ようとの目的を有する者が、URLを入力したり、検索サイトで検索した上で、閲覧するものであり、従来より情報提供や広報として扱ってきており、引き続き、原則として広告とは見なさないこととする】となっていますので
広告とは見なされません。

現状のホームページで十分な情報を得られるようになっていますか?
一度見直してみてください。

休診や診療時間の変更などを内部で行えるよう、WordPressがおすすめです

ホームページがあっても、情報が古かったりコンテンツの更新がないようでは
利用者は訪れてくれません。

迅速な情報発信のために、内部で更新ができることが重要です。

そこでおすすめなのがWordPress。

ブログを書く感覚で、ブラウザから更新ができるCMSです。

現在のホームページのデザインが気に入っているという場合でも、
デザインはそのままにWordPressに移行することもできます。

医療広告ガイドライン ホームページ で万全な対応を!

病院ホームページ制作

WordPressでサイト構築

既存サイトのWordPress化

ハマ企画無料セミナー:リニューアルしなくても成果を出すホームページ ~コンテンツマーケティング編~