病院サイト

病院ホームページ、集患のポイントはウェブ解析と利用者目線


この記事の所要時間: 116

集患のためにできること

病院は治療するところであっても慈善団体ではありません。
集患するにはどうしたら良いでしょうか?

自の病院らしさやブランディングを強調する

病院ホームページを見る目的として治療、手術を受ける病院を検討する場合が挙げられますが利用者は「病院の質」を見ているのです。
病院らしさやブランディングを強調することにより、訪問してもらえる可能性が高まります。

利用者の立場で病院を見る

  • 外来で治療に訪れる人
  • 入院予定の人
  • 面会する家族

それぞれの利用者に自慢できる所やメリットを見せてあげることが必要です。

診療科からの流入も考える

最初に見るページが診療科のページという場合も少なくありません。
外科や内科といった一般的な紹介だけではなく、医師が得意とする治療や患者さんの部位についての答えが期待できるコンテンツにすることが必要です。

結果、重要なこと

  • 利用者目線からのコンテンツづくりが重要
  • 見た目のデザインより、利用者に対する設計デザインが重要

利用者目線で作るためにかかせないのがウェブ解析です。
利用者の気持ち、ターゲットユーザーを分析することによって利用者目線のコンテンツ作りが可能となります。

病院がホームページを持つメリット

 

病院ホームページのターゲットユーザーについては前の記事をご覧ください。

病院ホームページ制作

ハマ企画無料セミナー:リニューアルしなくても成果を出すホームページ ~コンテンツマーケティング編~