SEO対策にキーワードマップが重要


この記事の所要時間: 215

SEO対策にはキーワードマップが重要

サイトマップの設計時にキーワードマップを作成しましょう

ホームページ作成に必要なのがサイトマップ、つまりサイト構築図です。

サイトマップはホームページを使いやすく、情報取得しやすくするための情報整理に使われます。
コンテンツに重きを置いた場合、特に必要になります。

この時に同じ図を利用してキーワードマップも作成しましょう。

キーワードマップがSEO対策に重要な理由

インハウスSEOに必要な最新動向と対策で書きましたが、有料ディレクトリ登録サービスなどの外部SEO対策が無効になり、内部SEO対策が重要になりました。

各コンテンツを流入のためのランディングページと考えて
キーワードを際立たせることが必要になります。
その整理のためにキーワードマップが重要なのです。

具体的な活用方法

キーワードマップを作成したら、次のSEO対策に使いましょう。

meta name=”description”(メタディスクリプション)を各コンテンツで固有のものにする

meta name=”description”は検索結果のスニペット(要約文)で使われる事があります。

例えばハマ企画のトップページ

8722_img02

descriptionに記述した内容が表示されています。

検索結果に使われる場合、descriptionの内容がそのまま表示されますので、検索したユーザーが見てみたいと思うキーワードや文章を入れるとよりクリックされる確率が上がります。

ホームページ全て同じものが書かれているところも未だに多いですが、記述を入れない場合は自動で要約文が出ますので重複する位なら記述を入れない方がましです。

titleタグにキーワードを入れる

検索結果が表示された時に、titleタグに記述したページタイトルが一番上に表示されます。

検索キーワードに一致する語句がページタイトルに含まれている場合はその語句が太字になるのでユーザーに見てもらいやすくなります。

こちらもdescriptionと一緒で重複はいけません。
キーワードマップを活用し、かならず各コンテンツで固有のキーワードを含めたものを入れましょう。

meta name=”keywords”(メタキーワード)は入れておいても良い

metaタグというと思い浮かぶのがmeta name=”keywords”ですが、
現状ではGoogleもYahooも検索順位に影響はないとしています。

今後アルゴリズムの変更がある場合も考えられますので一緒に入れておいても良いでしょう。

ホームページ構築

SEO