ホームページを訪問するユーザーは貴社に対して何も思っていない

最終更新日 2012年2月28日

貴社に対して何も思っていない

ホームページに対して、ユーザーがどのように訪問(流入)してくるのか、
SEO施策でキーワードを決める際、
認知キーワードから選ぶ可能性が高く、
認知キーワードには貴社名ではないのです。
(社名自体が認知されている企業は除きます)
検索エンジンから流入してくるユーザーは認知キーワードで訪問するので、
貴社に対して何も思っていません。
ノーリファラーであればユーザーがリピータである可能性が高いため
貴社に対する思い入れが多いように感じますが、
ここにも認知キーワードに対するブックマークが存在します。

ユーザーがホームページに対する思い

ユーザーが求めるものは認知キーワードと関連するサービスです。
または新しく新鮮でお得な情報となります。
このサービスと情報を展開するのがコンテンツとなるわけです。
ソーシャルが進む中、ユーザーとの接点がどんどん増えてきますが、
ユーザーの滞在時間や回遊が長いとは限らないため、
ユーザーが不利益と感じたとたん離脱します。
ホームページを制作し改善する時、
ブランドではなく、
ユーザーにメリットを感じることのできるサービスをコンテンツにしましょう。
ホームページ制作 業者はホームページのプロですが、
ご依頼をいただく貴社のサービスにとってユーザーである可能性があります。
ハマ企画では、初回ヒアリングの時、貴社の業界と同業他社を分析いたします。
それとともにユーザーの気持ちになってホームページの分析も行います。

無料相談

この記事はあなたのコンテンツがソーシャルネットワークでシェアされない9つの理由を参考に影響を受けています。