ホームページの見直し、リニューアルしなくても良い?


この記事の所要時間: 234

前回の記事でホームぺージをリニューアルした方が良い場合をまとめましたが、
今回は逆です。なんでもかんでもリニューアルすればいいものでもありません。

なぜリニューアルするのか?理由をはっきりさせてからリニューアルしましょう。
早急にリニューアルしなくても良い場合をまとめました。

1.現状でお問い合わせがあるホームぺージ

多少デザインが古くても現状でお問い合わせが来ているならば気になる部分だけを変更したり、
アピールしたい商品・サービスのページを強化するなど既存ページの改善で様子をみましょう。

ホームぺージをリニューアルしてページ構成が大幅に変わった場合、リピーターさんが
迷ってしまいお問い合わせできなかったり、SEOで順位が下がってしまう場合もあります。

リニューアルとなると数十~数百ページ単位の変更になり、当然費用がかかります。
新規で作るのではなく既存ページの改善をこまめにすることが
費用もかからず成果に繋がる場合も多いです。

2.ホームぺージではなくチラシやカタログから注文が多い


ホームぺージがあれば必ずお問い合わせが来るかというと必ずしもそうとは言えません。

特にBtoBの場合はホームぺージではなくFAXやカタログを見て電話注文といった場合も多く
ホームぺージのリニューアルにお金をかけるより違う媒体にお金をかけた方が良い場合もあります。

よそもやっているからではなく自社の現状を把握することが大切です。

お問い合わせや注文がホームぺージを見てなのか、ホームぺージとは関係ない媒体を通してなのか…
ホームぺージが問い合わせに貢献しているということがわかればそこからホームぺージのリニューアルを進めていきましょう。

3.ホームぺージをリニューアルした後に更新・改善する余裕がない


リニューアルしたばかりのホームぺージは最新のデザインで見栄えもよく、内容も充実していて
良いものかもしれません。
しかし、情報は日々変化していくもの。見に来てくれる方が求めるものも変わってくるかもしれません。

リニューアルしたという事実で満足せず、どのページが見られているか・見られていないのかをGoogle アナリティクスなどの解析ツールで分析し、改善していくことが必要になってきます。

せっかくお金をかけるのですから、お問い合わせや何かしらの成果を出してほしいですよね?
社内にホームぺージ担当を置く、もしくは外部に委託する余裕がない場合はリニューアル自体をすべき時期ではないと考えられます。

リニューアルするべき?横浜のハマ企画へご相談ください

初回に限り1社1回30分の無料相談をハマ企画にて行っております。
ハマ企画はホームページのコンサルティングを得意としており
現状のホームページのどこに問題があるのか、それをどうすれば改善できるのかなど
データを見ながらアドバイスすることができます。
お悩みの方、ぜひご相談ください。