ホームページ、アクセスの状況は、どうなっている?

ホームページのアクセス状況は一体いまどうなっているのか?


この記事の所要時間: 433

ホームページ、どのぐらい見られているのだろう?
何人ぐらいサイトに来ているのだろう?

自分のホームページの「アクセス状況」について、気になりませんか?
今回はそんなホームページのアクセス状況についてお話してみたいと思います。

ホームページのアクセス状況を把握するにはアクセス解析ツールが必要!

アクセス解析ツール?って何ぞ?

自分のホームページに何回来たのか、何人来たのか何ページ見たのか
どのぐらいの時間ページを見たのか、1回来た時にホームの中のページを何ページぐらい見たのか?

そんなことがわかるツールです。

現在主流となっているのは「Google Analytics」グーグルアナリティクスです。
これは無料で利用することが可能で、前述した何回、何人、何ページ、時間等々
細かいアクセス状況を把握することが可能なツールです。

まずはこのグーグルアナリティクスを導入することから始めてみましょう。

とにかくはじめは「Google Analytics」グーグルアナリティクスになれる事!

開いてみましょう。
見てみましょう。
最初はわからなくてもいいんです! 「いいんです!」
色々クリックしてみてください。
もしかしたら何かわかるところもあるかもしれませんよ。
できるだけ高頻度で見る事をオススメします。

まずは1カ月のホームページのアクセス状況を把握してみる!

「Google Analytics」グーグルアナリティクスを「開いて」、「見る」ことに慣れてきたら
今度はいよいよ、1カ月のアクセス状況を見てみましょう。

単位はまずは「1カ月」がオススメです。
なぜ「1ヶ月」? 答えは簡単。比較できるからです。前月や前々月と。
では1週間ではだめなの?
という声が聞こえてきそうですが、1週間でももちろん構いませんが、
アクセス数がすごくたくさんあれば1週間でも比較できますが、
実際には1週間の数字だと少なすぎて比較にならない場合が多いですので、
まずは1カ月から始めてみましょう。

1、何人ホームページに来ているのか?
2、何回来ているのか?
3、何曜日に多く来ていて、何曜日に少ないのか?
4、何時ごろに一番多く人が来ているのか?

1、何人ホームページに来ているのか?
 一体あなたのサイトは1カ月に何人ぐらいきているのでしょうか?
 1カ月のユーザー数が万単位であればそれはなかなか優秀なホームページのアクセス状況といえるでしょう。
 逆に数百やもっと少ない場合には、ホームページのアクセス状況としては、思いのほか見られていないという判断ができます。
 
2、何回来ているのか?
 これは少々専門的な言葉で言うと「訪問数」や「セッション数」といいます。
 これも1と同じく、万単位であればか優秀なホームページのアクセス状況といえますね。
 気に入ったホームページには何度も行きますよね?
 良いホームページであれば何度も来てくれます。
 
3、何曜日に来る人が多くて、何曜日に少ないのか?
 来る人が多い曜日にページ更新をした方がより多くの人に読まれますよね。
 逆に来る人が少ない曜日にページ更新をしても、もったいないと思いませんか?
 
4、何時ごろに一番多く人が来ているのか?
 これも3とダブる部分がありますが、一番多く人が来てくれる時間のちょっと前に
 新しい情報を掲載した方がより多くの人に見られやすくなりますね。

あなたのホームページにはユーザーは一体どこから来ているのか?

ホームページにたどり着く方法はいくつもあります。
「Google Analytics」グーグルアナリティクスを利用すると、
・GoogleやYhoo、Bingなどの検索エンジンから来た。
・Social、FacebookやTwitterなどから来た。
・直接URLを入力やブックマークなどから来た。
・どこかのリンクからたどってきた。
・それ以外
というように、あなたのホームページに「どこから来たのか」がわかります。

非常にざっくりですが、実際のアナリティクスの見るところは
「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」
で見る事ができます。

ホームページに人がたくさん来るには、上記のどこから来たのかの部分で、
「GoogleやYhoo、Bingなどの検索エンジンから来た」の割合が高いほどたくさん人は来ます。
「OrgnicSearch」オーガニックサーチ、自然検索 などと言います。

つまり検索してキーワードを入れて、ホームページにたどり着くという流れですね。

ホームページのアクセス状況は一体いまどうなっているのか? まとめ

今回のポイントは

  1. まずはアクセス解析ツール「Google Analytics」グーグルアナリティクスを導入しよう!
  2. とにかくはじめは「Google Analytics」グーグルアナリティクスになれよう!
  3. まずは1カ月のホームページのアクセス状況を把握しよう!
  4. あなたのホームページにはユーザーは一体どこから来ているのかに注目しよう!

となります。

それでは頑張って今の状況を把握してみてください!
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

経営層が知るべき ホームページは何から始める?