Web解析という仕事はホームページに必要なのか


この記事の所要時間: 810

Web解析とは?

Web解析とは事業成果に貢献するため、インパクトある数値をヒントとします。
数値に基づくためより具体的な目標化ができます。
数値はアクセス解析のツール(Googleアナリティクスなど)を使い現状分析とそこから導かれた仮説立案から具体的な行動へとすすみます。

なんだかわかったような、わからないような…

この記事は ホームページ相談とホームページ診断を元にご回答した事例を皆さまに伝えるべき記事化いたしました。

 

Web解析という仕事はホームページに必要なのか

Web解析またはウェブ解析士という言葉を聞かれたことはありますか?

ご存知の方のほとんどが、広告代理店または身近にウェブ解析士のいるウェブ担当者でしょう。しかし大企業や中小企業の経営層はWeb解析という言葉をほとんど知りません。

業界特化した特別なことば「Web解析」という仕事
「Web解析」はWebを軸に事業成果に貢献をする仕事と言われています。

果たして、Web解析という仕事はホームページに必要なのでしょうか?

TeroVesalainen / Pixabay

Web解析という仕事はホームページに必要という結論から考える

「Web解析という仕事はホームページに必要」という結論から考えてみましょう。

ホームページを運営している会社さんは、ホームページを見た人が何に人来たとかどこから来たとかお問合せをした人は何人でどこから来たのかということを知っています。

Googleアナリティクスを利用することにより可能になるからです。

GoogleアナリティクスはホームページはWeb解析を行うための無料サービス(ソフト)、Googleアナリティクスを使えば、毎日・毎週・毎月のホームページ傾向がわかり売上に繋がります。

ホームページで全てを完結している「ECサイト」のような事業の場合に特に売上につながる大切なサービスです。

「ECサイト」は最初(認知)から最後(購入)までオンラインですすむ商品やサービスです。

あなたの会社がオンラインサービス「ECサイト」ならば絶対Web解析は行うべきです。

Mediamodifier / Pixabay

Web解析という仕事はホームページに必要ないという選択もある

ここは逆説

あなたの会社のお業務はオンラインだけで完結できますか?
多くの会社にはオフラインがあります。

オフライン=インターネットの外の活動=リアルな営業活動

  • 街の雑貨屋さん
  • 飲食店さん
  • BtoBで営業マンが訪問型のビジネス

オフラインが発生してしまうと今「売れた商品」のきっかけがホームページである可能性はあったとしてもそれだけではありません。

そのようなオフライン活動のある会社さんはWeb解析取り入れるよりリアルな営業活動でお客さまを集めて販売した方が手っ取り早いでのではないでしょうか?

この場合、Web解析という仕事はホームページには必要ないでしょう。

今のWeb解析はウェブ解析士という資格のためにある言葉だから

Web解析というキーワードを使ってGoogleで検索をしてみるとあることに気が付きます。
検索結果の1ページの全てが「ウェブ解析士」という資格を表示します。

これはWeb解析を検索する全ての人が、Web解析を必要と思い、検索をする(課題解決)をするのではなく、ウェブ解析士の資格を取得するため疑問を解決をする言葉なのです。

GoogleでWeb解析を検索

Web解析なのかアクセス解析なのか

Web解析という言葉の前にとても一般的だった言葉「アクセス解析」があります。
今も「アクセス解析」はWebアナリストやWebマーケッターの中では愛されている言葉です。

どちらが正解でしょうか?

ウェブ解析士が使う「アクセス解析」はホームページ上だけの数字でその先の事業成果までをWeb解析といいます。
(参考:カタカタのウェブ解析はウェブ解析士の商標登録であるためここではWeb解析としています)

WebアナリストやWebマーケッターの使う「アクセス解析」はウェブ解析士のWeb解析と同じ意味です。

つまり明確な定義はなくどちらも同じなのです。

yoursql719 / Pixabay

解析する手間が大切ということに気がつく

ここまで読んでいただくと「Web解析」が業界人だけのうちわ言語のように聞こえてしまいます。
うちわ言語がいいのか?悪いのか? そこが問題ではありません。
大切なのは「解析をする手間」です。

解析をする手間とは

数値という現状から仮説を立てて行動を起こすことです。

リアル営業は目に見えるものしか信じていません、しかし目に見えない不思議な力で売上が上がっていることに気が付きます。

トップセールスマンは知らないうちにヒントを元に行動していること、そのヒントを元にしている行動と同じものが解析の中に存在しているのです。

不思議力=ヒント=Web解析

Web解析は現状を受け入れて仮説として行動を起こし沢山の失敗から成功の法則を見つけること
失敗を積み重ねる…手間のかかることです。
手間は自社が選ばれる理由になり、他社を寄せ付けない参入障壁に変わるのです。

大企業・中小企業・零細で異なるWeb解析のやり方

Web解析は世の中全て共通ではなく、地域業界毎そして企業規模毎に変わります。

大企業で生かすWeb解析のやり方

組織化されている会社ならば、
ライバルより先手必勝するため、データ分析を徹底的に行い組織力と資金力で攻める。

まさにビックデータの活用。

組織化されていない会社ならば、組織化が必要である根拠をWeb解析から導きます。

それには経営層に理解者が必要です。

中小企業で生かすWeb解析のやり方

資金力や人の量で大企業ほどではない中小企業は、
市場とライバルを徹底的に研究し、
インターネットにおける自社製品の在り方(コンセプト)を創ります。

コンセプトが出来上がれば売上のパターンをつくるために早く小さく回すこと。

これには経営層と外部パートナーの力が必要です。

零細企業で生かすWeb解析のやり方

零細企業は集客特化です。

細かなデータは必要ありません、ホームページだけではなくソーシャルメデイアやYoutubeを使い手短にお客さまが集まる行動だけを地道に続けます。

零細には人もお金もないためまずは資金集めです。

これにはオーナーが勉強することが必要です。

nattanan23 / Pixabay

大切なのはWeb解析という言葉ではなく価値を届けること

手間をかけて行うWeb解析。

これは学んだり活用することも大切ですが、Web解析を通じてあなたの会社の価値を届け続けることです。

あなたの会社の価値つまり魅力的な会社経営が大切。
魅力的な会社経営があればホームページも魅力的に。

そこには人が集まってくるためホームページのWeb解析が効果的に機能しだます。

Web解析というような仕事はホームページに必要

Pexels / Pixabay

Web解析というような仕事はホームページに必要なのか必要ないのか。
いろんなやり方や在り方があります。

あなたの会社の魅力が伝えられるのならばホームページとWeb解析を活用するべきです。

Web解析というような仕事はホームページに必要

ホームページの活用でWeb解析。
Web解析でひと手間かけることで出て来る気づきはさらにあなたの商品サービスそして会社を魅力的にします。

ホームページで売上が上がる重要な理由と方法について

 

売上のヒントを提供する(PR)

最後にハマ企画の宣伝。
私たちはWeb解析の在り方をベースにWebコンサルティングを発展させてきました。

行動するのは皆さま。

私たちハマ企画のできることは、Web解析やWebコンサルティングから導かれたヒントを提供することで売上を上げるホームページに変えることです。

この記事を読んで頂き、ホームページの相談をしたい方、ホームページを診断してもらい方はご連絡をお待ちしています。

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です

また2018年は月に1回成果を出すホームページの勉強会を開催していますのでどうぞお越しください。

あなたの会社もWeb解析のような仕事を取り入れホームページで売上げアップを目指してください。

お問い合わせ

 

ハマ企画無料セミナー:ホームページで売上を上げるために大切なこと