NOGRAN s.r.o. SEO

ホームページでSEOが大切なわけ


この記事の所要時間: 223

ホームページでSEOが大切なわけ

SEOはGoogleなどで検索された時、貴社のホームページが適切に表示されるための
自社ホームページ対応方法のことです。

SEOが大切なわけは、貴社のことを知らないお客さまへメッセージを届けることができるからです。

貴社の知らないお客さまを集めることができる

貴社のことを知らないお客さまを集めるためにGoogleへ貴社のサイトが適切に表示されることが必要です。

貴社のことを知っているお客さまは、貴社のホームページのURLを入力することでホームページへ訪問したりGoogleを使い貴社の名前を入力してホームページへ訪問します。

知らないお客さまは貴社の名前ではなく、貴社に関係のある話題でGoogleから貴社を見つけてホームページへ訪問します。

知らないお客さまを集めるポイントとはなんでしょうか?

知らないお客さまを集めるためのポイント

貴社のことを知らないお客さまを集めるためのポイントは、貴社のお客さまとなるユーザが疑問と思うこと、問題と思うことをホームページで開示して届けることで貴社の知らないお客さまを集めることができます。

もし貴社が「当社のこのことはお会いしてからではないとお伝えできない」とか「業界の人以外は知らない」と思っていたら

少し違います。

今、ほとんどの情報はインターネットで調べることができます。
もしかしたらお客さまの方が貴社より情報を持っていることもあります。

だからこそ貴社はできる限りの情報をお客さまに届けるべきなのです。

他業者に先駆けて

ホームページも事業と同じで育てていくこと

 

歯磨きのような活動がSEOにつながるから

「歯磨きのような活動」
お客さまが問題だと思いそうなことを、どんどんホームページを使い届けてください。
これをコンテンツマーケティングと言います。

定期的にホームページの診断や解析をしてください。
特定の記事が読まれているのであれば記事をもっと読まれるように内容を濃くしてください。
関連記事を作って他のページも見てもらえるようにしてください

読んでもらいたい記事が読まれていない記事の内容を改善してみましょう。
言い換えをした記事をつくって届けましょう。

Google アナリティクスの Web解析 レポート、これだけでは結果しかわからない

 

ホームページでSEOが大切なわけ

SEOはGoogleなどで検索された時、貴社のホームページが適切に表示されるための
自社ホームページ対応方法のことです。

SEOが大切なわけは、貴社のことを知らないお客さまへ、メッセージを届けることができるからです。

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です