Felix Montino knowledge management

訪問数の少ない日のブログ運営について(コンテンツマーケティング)


この記事の所要時間: 216

訪問数の少ない日のブログ運営について(コンテンツマーケティング)

アフェリエイターを除き、B2Bのブログ運営には訪問数の少ない日が必ずあります。
会社がOFFとなる活動のない日です。

活動のない日は、原則訪問数が減るはずです。(B2C除く)

訪問数の少ない日でもブログの運営は可能なのです。

Googleアナリティクスでアクセス解析を行う

Googleアナリティクスランディングページ解析
Googleアナリティクスでアクセス解析を行って下さい。
ブログ運営をしている中で重要な視点例

例)

  • 事業に貢献しているランディングページをみつける
  • 重要とみられているのに直帰されているランディングページをみつける
  • 成果に結びつくシナリオを考える

事業に貢献しているランディングページをみつける

「行動」「サイトコンテンツ」「ランディング」できればOrganic Search(Googleからの流入)
そこれで成果に貢献しているまたは訪問数の多いページについて

  • 成果に貢献している:要因を見つけて他の記事へも取り入れましょう
  • 訪問数の多いページ:回遊(他のページも観てもらえる)できるように関連のリンクを設けましょう

重要とみられているのに直帰されているランディングページをみつける

タイトルと直帰率をみます。
改善のポイントは

  • タイトルと記事に違和感はないか
  • 文字数が少なすぎないか、また長すぎないか
  • 回遊をさせているか

1週間のまとめ記事を書いてみる

裏技であり、書き方によっては重複コンテンツやスパム扱いになるのであまりおすすめできません
ただし、伝えたいことがあるのならば、まとめ記事を書くのもよいでしょう。

ただリンクをはるのではなく、各記事へ案内するような構成にしてください。

訪問数の少ない日のブログ運営について(コンテンツマーケティング)

この記事はあえて祝祭日である本日に公開しました、最後まで読んでいただきありがとうございます。

ただ、アフェリエイターを除き、B2Bのブログ運営には訪問数の少ない日が必ずあります。
会社がOFFとなる活動のない日です。

活動のない日は、原則訪問数が減るはずです。(B2C除く)
訪問数の少ない日でもブログの運営は可能なのです。

この意味をご理解いただく、ホームページは24時間365日、お客さまと接するコミュニケーションツールです。
コミュニケーションツールであれば訪問数の少ない日は少しだけメンテナンスしてあげましょう。

 

ホームページ改善提案の手順 コミュニケーションデザイン