リンクの切れめは縁の切れめ。パーマリンク変更をリダイレWordPressプラグイン


この記事の所要時間: 17

ウェブサイト公開後、諸事情によりURLを変更するシーンが出てきます。
CMSを利用している場合、静的コンテンツに比べ簡単にできますが、
どうしても悩んでしまうのがパーマリンクです。

パーマリンクというのはブログ記事など対して自動的に生成されるURLのことです。

WordPressの場合、管理画面のパーマリンク設定メニューからパーマリンク変更ができます。

変更は可能ですが、変更後出てくるのがリンク切れによるエラー。

「リンクの切れめは縁の切れめ」

それを解決してくれるプラグインが Permalinks Moved Permanently

これをインストールするだけでOKです。

ただし、ここからば重要。

これは古いパーマリンクを新しいパーマリンクにリダイレクトかけているだけです。

「大量のリダイレクトが嫌いな人」は

リンクの切れめは縁の切れめ。リンクエラーを自動検出するWordPressプラグイン
でご紹介をしたBroken Link Checkerを使い、

「設定」>「リンクエラーをチェック」の中からリダイレクトを選んでいただき、
URLを書きなおしてください。

かなり地味な作業ですが、
コツコツ修正をして検索エンジン最適化(SEO)とユーザー回遊と滞在時間の改善をしましょう。