ウェブサイト制作SEO内部施策で気をつける構造化


この記事の所要時間: 141

ウェブサイト制作SEO内部施策で気をつける構造化

SEO内部施策には、ウェブサイトを制作する時に「構造化」に気をつける必要があります。

ユーザーにわかりやすく「構造化」する

  • 情報を整理し、階層構造をわかりやすくする
  • ユーザー視点で情報を分類し、回遊しやすくする
  • 視覚的にわかりやすくする
  • パンくずリストで構造を分かりやすくする
  • ページの読み込み速度を速くする

初めて訪れるユーザーが目的の情報を迷わず探せるかどうか、
ユーザー視点で制作、確認していくことが大切です。

ユーザーにわかりやすく構造化することは、検索エンジンに対する構造化にも繋がります。

検索エンジンにわかりやすく「構造化」する

構造化データを実装する

Google がウェブサイトのコンテンツを構造的に把握できれば、より的確な、しかも人目を引くコンテンツとして Google ユーザーに提示することができます。たとえば、あるページの商品リスティングやイベント、レシピ、レビューなどが構造化されたデータだとわかると、Google のアルゴリズムは「リッチ スニペット」を追加して検索結果を拡張します。さらにそうしたデータは、ナレッジグラフ のパネルや Google Now カードに表示されることもありますので、コンテンツについて広く知らせることができます。

参照URL:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 構造化データを活用しよう! – 2 つのアップデート

構造化データを実装すると、検索結果のページに会社概要、イベント情報、レビューなどを載せることができ、SEOの内部施策として有効です。

構造化データの確認はウェブマスターツールで

ウェブマスターツールの「検索のデザイン」>「構造化データ」から確認することができます。
また、構造化データのマークアップ支援ツールとして、「検索のデザイン」>「データハイライター」があります。

ホームページ構築

SEO

ウェブコンサルティング

ハマ企画無料セミナー:リニューアルしなくても成果を出すホームページ ~コンテンツマーケティング編~