Facebookページでは獲得より対話


この記事の所要時間: 114

Facebookページのタイムライン化

Facebookページがタイムライン化されはじめました。
今まで「イイね」を誘導してみたり、Welcomで敷居をつくったり、
ゲームで拡散をしていた「技」が効果なくなってきました。

Facebookとしては本来のスタイルになってきたということです。

対話が重要

そもそもFacebookはソーシャルであり、
そこから生まれるものは対話であったり交流です。
企業ページ(個人ではないという意味)のFacebookページだけが
対話ではなく(ユーザ)獲得という流れには違和感があります。

インターネットにいるユーザーは見えません。
アクセス解析も見えるのは数字であってユーザーではありません。
顔色や態度がわからないため、企業の対応も仮説の域が広くなってしまいます。

製品情報、サービス、イベントなど企業が発信するモノに対して
対話、交流をヒトが行ないタイムラインとして流れます。

見せかけではなく本当にユーザどうお得感をもたらすのか。
Facebookページでは獲得より対話をしてみて下さい。

ハマ企画ではホームページ制作だけではなくFacebookの運用コンサルティングも行なっています。
皆様からのFacebookページのご相談お問合せをお待ちしています。

Photo License All rights reserved by LikClick Photography

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です