Facebookで対話する自治体


この記事の所要時間: 046

新しいFacebookページでは対話ができる

Facebookページがタイムライン化され、それまでのマーケティング的利用法とは違うスタイルとなりました。
タイムラインは関わるユーザーとページの対話の歴史(タイムライン)です。

メーカーは対話しないというけど

Facebook個人ページが人と人に対して
Facebookページは企業、サービスが人に対して。
メーカーは対話しないと言うけれど。
対話できる流れを利用すべきです。

民と対話する自治体

人が暮らす街。
街にある行政機関「自治体」。
「お役所」にいかなくても対話することができる。
ホームページはできなかった新たな試み。
他の自治体も参考にして欲しいですね。

沖縄県金武町Facebookページ

ハマ企画ではFacebookページに対する制作・運営コンサルティングを行なっています。
詳細はお問い合わせください。