ホームページで集客、対象は誰?


この記事の所要時間: 14

ホームページで集客

ホームページ制作で反響営業が可能になります。
反響営業は認知をあげ集客をして獲得することです。

集客する方法は様々なノウハウがあります。
業種、業界、取り扱い商品(サービス)にもよりますが、

  • キーワードであったり
  • コンテンツであったり

これ言い換えると

  • 流入要因であったり
  • 回遊要因であったり

今回は流入について

対象は誰

Googleアナリティクスなどのアクセス解析を見ると、
流入元は次の4種類に分けられます

  • ノーリファラ
  • リファラ(参照元)
  • 検索
  • 広告(キャンペーン)

対象を誰にするによって施策が変わります。

まず貴社のホームページの認知がこれからの場合は、
リファラ、検索、広告が対象となります。
リファラと検索はSEO対策
広告はリスティング(SEM)対策

リファラをSEOと書いたのはSEO業者の中にはリンク販売業者が多いのと
SEOにとってリンクは大切(重要ではない)だからです。

次に貴社のホームページの認知がある程度拡散されている場合は、
ノーリファラが対象となります。
つまりリピーターです。

どの流入に対して施策をしたいのか、
これが集客の対策の第一歩です。

ホームページ制作 集客アップ

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です