Web戦略では現状分析が大切なわけ

Web戦略では現状分析が大切なわけ

rawpixel / Pixabay


成果を出したい!売上を上げたい!儲けたい!
ビジネスに関わるとこのような思考はもっています。
このような思考を行動に移す時、やみくもに行動するより
何をやるのか…と行動指針をたてて行動をした方がより効果的に成果を掴むことができます。
行動指針で大切な一歩は現状分析です。

お問い合わせ


 

さまざまな現状分析

geralt / Pixabay


現状分析にはさまざまな方法があります。

  • フレームワークを用いる方法
  • インターネットのツールを用いる方法

これらを個別にみていきます

フレームワークを用いる方法

ビジネスフレーム、マーケティングフレームなどいろんな名前で分類されています。

すごくおおきな枠組みで行うのがPEST分析

  • Politics:政治
  • Economy:経済
  • Society:社会
  • Technology:技術

マクロ分析ともいい、外部環境を分析して自社の現状と照らし合わせます

戦略的なSWOT(クロスSWOT)

  • Strength:強み
  • Weakness:弱み
  • Opportunity:機会
  • Threat:脅威

自社の強み・弱みを外部の機会と驚異から分析して打ちてを考えます

日本初・シンプルだけど…3C分析

  • Customer:市場・顧客
  • Competitor:競合
  • Company:自社

こに分析、発案者が時代に合わない…と発していますが、
実は自社の業界を定めることがとても大変です、最近は業界よりお客様の価値を目線として分析をした方がより効果的と言われています。

ホームページ作成には3C分析から


 
フレームワークは場数と場馴れが大切です。
ひとつひとつに時間をかけるより時間に制限をかけて行うといいでしょう
最初は30分からはじめ、最終的には10分以内をめざします。

インターネットのツールを用いる方法

422737 / Pixabay

Google検索結果

社名、商品名、業界を検索して、今のインターネットにおける外部環境を分析します。
(これはかなりテクニックが必要)

Googleサーチコンソール

自社サイトがGoogleからどのように評価されているかをみるツールです。

Googleアナリティクス

自社のサイトの状態をみて、改善することでどのような効果が期待されるのかを予測します。
他に現状分析ツールが有料・無料ででていますが、データサンプルの方法が偏っていたり明確ではないので取扱にご注意ください。
https://hamakikaku.co.jp/service/seminar/webanalyst/googleanalytics
 

おすすめなのがGoogleアナリティクスを利用した組み合わせ

  • 自社のホームページがどのくらい観られているのか
  • どのページが人気あるのか、
  • 集客されている元はどこか
  • 検索からどのページが観られているのか
  • 成果に貢献したページはどれなのか…

体系的にレポートとして表示されているので現状分析としてはおすすめです

ホームページは現状分析と行動指針が立てやすい

ホームページはバーチャルな自社です。
Googleアナリティクスの評価を自社のために分析し、
分析に基づいた行動指針をたてて実行
ホームページがどのように成長をするのか…
自社で成果を出すための練習にもなります。

まとめ:Web戦略で現状分析が大切なわけ

ここでご紹介した現状分析について
成果を出したい!売上を上げたい!儲けたい!
このような思考を行動に移す時には現状分析をしましょう
まず、手軽にすばやく行動を起こすならばホームページの現状分析をGoogleアナリティクスで行ってみましょう。
やり方がわからないかたはお近くの相談できるWeb屋さん
または弊社までお問合せください。