ウェブアクセシビリティの対象ってどんな人?


この記事の所要時間: 36

障害者雇用、ホームぺージも対策しましょうでウェブアクセシビリティについて書きましたが
ウェブアクセシビリティはどのような方が対象で具体的にはどのように対応していけば良いのでしょうか?

色覚障害の方

色覚障害の方には文字色と背景色のコントラストがはっきりしていないと情報が正しく伝わりません。

色覚障害のある方にとって識別しにくい色の組み合わせ

  • 赤と緑
  • 青と紫
  • 深緑と茶色
  • 水色とピンク

文字色と背景色にはこれらの色は使わない、グラフの色も色をつけなくてもわかるようにするなどの工夫が必要です。

出典:総務省 miChecker達成基準別活用法.pdf [適合レベル A] 達成基準 1.4.1 の紹介より
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/b_free/michecker.html

また、お問い合わせフォームなどの必須項目で「赤は必須項目です」といった表現ですと赤が判別しづらい色覚障害の方にはどこが必須かわかりません。
必須項目には【必須】と入れるなど色だけに頼らない方法を心がけることで色覚障害の方にも伝わるホームぺージになります。

視覚障害の方

目から情報を受け取れない視覚障害の方が使用するのが「音声ブラウザ」「スクリーンリーダー」と呼ばれる、テキストを読み上げてくれるツールです。
情報が画像のみでテキストで説明がない場合には視覚障害の方は情報を得ることができません。

画像には適切な代替テキストを入れることや、また余計な情報を入れすぎない(見栄えで置いたアイコン画像の代替テキストに「アイコン」と入れるなど)ようにしましょう。

また、基本的に音声ブラウザはホームぺージに書かれたテキストを上から順に読み上げていきますが
適切な見出しが設定されていると見出しから見出しに飛ばすことができ、自分に必要な部分のみを読み上げることができます。
そういった意味からも見出しを適切に使うことも必要です。

聴覚障害の方

聴覚障害の方は動画コンテンツの音が聞けないため、動画には必ず字幕を付ける、
動画の内容を別途テキストにおこすなど音だけでなくテキストで情報が受け取れるようにするなどの
配慮が必要です。

手が不自由でマウスが使えない方

ホームぺージがキーボードのみで使えるようになっていないとマウスが使えない方はホームぺージを
使うことができません。
キーボードで必ずぺージ遷移やお問い合わせができるようにしましょう。

今回は例を4つ挙げましたが必ずしも障害者のためだけではなく
視力・聴力が衰えてくる高齢者やケガで手が上手く使えない方などに向けての対応でもあります。
できるところから一つずつ対応していきましょう。

ウェブアクセシビリティのチェック、ご相談承ります

ハマ企画ではウェブアクセシビリティのチェックサービスをおこなっています。
チェックすることで今後どのようにホームぺージを改善すればよいのかがわかります。

また、初回に限り1社1回30分の無料相談も受付中です。
貴社のホームぺージのお話を伺い、ホームぺージのアクセシビリティ対応についてのアドバイスを行います。
ホームぺージのアクセシビリティ対応してみたいけどどうすれば、と悩んでいる方もぜひお気軽にご相談ください。

ホームページ無料相談

ウェブアクセシビリティチェックサービス