売上が必要ならば問題点を課題に変えること


この記事の所要時間: 332

売上は誰もが欲しい でも、売上があがらないのはなぜか?

会社経営で欲しいのが売上、売上は誰もが欲しいことです。

  • 毎月決まった売上がある
  • 大口の売上がある

これは会社経営をやっている中で大切な要素であり嬉しいことです。

「なぜ売上があがらないのか?」

経営者はいつも悩みます。

売上はあがるのだろうか?
売上をあげるためには広告をしたほうがいいのか、営業マンを入れた方がいいのか…

課題からつくるのではなく問題点を見つけることから

経営者が使う言葉に「経営課題」というものがあります。

「経営課題さえ解決すれば売上があがるかも」

正論です。

では経営の課題とはなんでしょうか…
そう尋ねると多くの経営者は言葉を詰まらせます。

それは課題の真を理解していないからです。

最初に考えるのは課題ではなく、問題点です。
現在の問題点を見つけることからはじめます。

その問題点が見つけやすいのがホームページです。
通常の経営活動は、月次決算や損益、キャッシュフローなどでお金の動きはわかります。

しかしお金に変わる前の売上に繋がる行動はなかなかわかりません。

ホームページは活用することでアクセス解析することができます。
そのアクセス解析から問題点を見つけることができるのです。

問題点を課題に変えると行動がおきる

ホームページを元に自社の問題点を沢山箇条書きにします。

例えば

  1. 検索エンジンからのホームページ訪問が少ない
  2. トップページからの訪問が多い
  3. お問合せが少ない

これを課題に変えるのですが、その前に仮説をたてます。

  1. 検索エンジンからのホームページ訪問が少ない
  2. トップページからの訪問が多い
    a.自社の商品やサービスをお客さま目線で伝えていない
  3. お問合せが少ない
    b.本当のお客さまがホームページを訪問していない
    c.お問合せしたくなるようにホームページがなっていない
    d.お問合せフォームは使いづらい

課題に変える

a.自社の商品やサービスをお客さま目線で伝えていない

課題1.お客さまが使う言葉で商品やサービスを伝えるようにWebページを改善する

b.本当のお客さまがホームページを訪問していない

課題2.お得意さんや欲しいお客さまを分析する

c.お問合せしたくなるようにホームページがなっていない

課題3.検索した時にクリックしたくなるようにする
課題4.お客さまがホームページに訪問した時にわかりやすくお問合せしたくなるような窓口をつくる

d.お問合せフォームは使いづらい

課題5.問合せ簡単にできるような構成にする

3つの問題点が5の課題となりました。

課題を解決するためには行動が必要です。
課題に「いつまで」と日時・締切をつくることで行動しやすくなります。

行動の成果が売上につながる日は必ずやってくる

出てきた課題を解決するために行動へと移します。

  • 行動に移せば変化やってきます
  • 行動は成果を必ずもたらします

仮にそれが失敗であったとしても、その失敗はお客さまのみ知る失敗です。
失敗に向きあえばそれは成功への道筋となります。

私たちにご依頼をいただき共に学んだお客さまは全て成果が出ています。
売上に繋がる会社さんもあります。

課題に向き合い、行動をおこせば成果が出ます。
その成果が売上に繋がる日は必ずやってきます。

売上のヒントを提供する会社

ハマ企画の2017年の事業コンセプトは「売上のヒントを提供する会社」です。

コンサルタントに全て丸投げをすれば売上がでるのか…
あなたの会社はあなた自身です。

ハマ企画はあなたの会社と共に学び、その学びから売上のヒントをどんどん提案するだけです。
売上のヒントはあなたが考えつかなかった内容だったりします。
その基本にあるのは数値化です。
売上のヒントの元になるのは問題点を課題に変えることです。

『売上のヒントを提供する会社』ハマ企画2017年の事業コンセプト

 

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です