市場調査 「ホームページの役目について(関東限定)」Google Surveys利用


この記事の所要時間: 39

ホームページの役目について調査を行った理由

Google Surveysというサービスがあります。
Googleの広告ネットワークを使って、不特定多数(人数は指定できる)へアンケート調査ができるものです。
通常の市場調査よりも安価でできるため、ハマ企画またはホームページ制作会社さんの業務の参考になればと思い、調査を行いました。

「ホームページの役目について」の調査要件

ハマ企画による作成、Google サーベイを使用して実施、{2017年5月30-6月1日}
http://bit.ly/2rCw57i

調査期間

2017年5月30日~2017年6月1日

調査対象

年齢25-34 35-44 45-54 55-64、言語:日本語、地域:関東限定

調査方法

推定されるユーザー属性と位置情報を利用し、
層化抽出法によって、Google のサイト運営者ネットワークや Android スマートフォン ユーザーのターゲット層にアンケートを割り振っています。Google は、回答者の閲覧履歴からユーザー属性を推測し(DoubleClick Cookie から年齢と性別を、IP アドレスから場所を推測)、
政府が公表している既存の統計データと照合します。Google サーベイでは層化後に重み付けをしてサンプルの不足を補い、アンケート サンプル間の偏りをなくしています。これにより、結果の精度が向上して、二乗平均平方根誤差(RMSE)が小さくなり、人口動態調査(CPS)を反映した結果が得られます。Google サーベイでは、既存の確率抽出法または非確率抽出法と同レベル、あるいはそれ以上の方法でインターネット アンケート回答者を抽出しています。Google サーベイの調査手法について詳しくは、こちらのホワイトペーパーか、サービス概要をご覧ください。

Google Surveysヘルプより
http://bit.ly/2sRCQzt

「ホームページの役目について」の考察

ホームページの役目について
ホームページの役目について「特になし」が36%あり、ついで「あればいい」が20%でした。これは、ホームページは飾りに近く、企業からのホームページに対する期待薄が過半数を超えています。
残りは成果を期待する回答で企業名をPRするブランディング期待が18.4%
売上貢献が25.2%(反響とECをあわせています)
残りが「知ってもらうため」となります。
ホームページ役目について 年齢
年齢層で見た場合、ばらつきがあるため一概に特徴を掴むのが難しいのですが、35-44歳では売上貢献(EC) が目にとまります。

「ホームページの役目について」期待

関東の企業数はおおよそ117万社あります。
中小企業庁:http://bit.ly/2sS7yZ9

この数字を母数とした場合、信用指標とは離れていますがデータ活用としさ参考レベルと考え、117万社のうち我々のマーケット(関東圏)は43.8%(18.4%+14.4%+10.8%+0.2%)の51万社です

ハマ企画の拠点である
神奈川件では20万社の55.3%で11万社
東京では45万社の43.9%で19万社

詳細は結果ページを操作をしてご覧ください
http://bit.ly/2rCw57i

補足:より細かい情報はCSVの中にあります

今回は関東に限り分析をいたしました、コントロールパネル上では都道府県レベルでのセグメントとなりますた。
SCVをダウンロードをすると市町村レベルまで分析が可能です。

このデータを元にGoogle Data Studioを使いGoogleアナリティクスやAdWordsなどとクロス分析をすることでより細かな分析が可能となります。

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です