ハマ企画のFacebookページ

Facebookページ活用でファンを集める 


この記事の所要時間: 228

Facebookページ活用でファンを集める

ホームページで成果をあげるためには、Facebookの活用も必要です。
Facebookで直接の効果を求めることはとても大変で、マッチしない業界の場合では苦戦している例をみかけます。

ここではFacebookページを活用してファンを集める方法をご紹介いたします。

Facebookはフロー型ソーシャルメディアだから

ソーシャルメディアには大きく分けて二種類あります。
フロー型とストック型

フロー型はFacebook、Twitter、Instagramのように実況感を大切にし
流れるように情報を発信するソーシャルメディアです。

最新の情報や今人気の情報を取得するのにはとてもいいソーシャルメディアですが、過去の情報を探す時とても手間がかかります。

ストック型はYoutubeのようにWebサイトに情報が積み重ねられていく保存型ソーシャルメディアです。
フロー型とは違ってコンテンツが保存されているため、簡単に過去のモノを探せる反面、今みている情報の鮮度がわからなくなる場合もあります。

Facebookはフロー型ソーシャルメディアとなるため、
最新情報は得意でも、コンテンツを保存しておくことは苦手なソーシャルメディアなのです

Facebookは視覚的なものを好むから

またFacebookは視覚的なものを好みます

  • テキストより写真
  • 写真よりスライド(カルーセル)
  • カルーセルより動画

カルーセルより動画とあります、実はカルーセルがもっとも効果的という広告担当もいます。

この「Facebookは視覚的なものを好む」理由ですが、
Facebookの利用シーンはスマートフォンが多いため、
小さな画面で目にはいりやすい情報を好みます。

動画よりカルーセルなのは、動画を取得する場合通信量を使ってしまうのにも関わらずカルーセルは静止画の組合せのためです。

投稿のタイミングは時間分析

Facebookページで投稿をする場合、フロー型の特徴を生かし、必ずタイミングを狙って下さい。

タイミングの参考になるのは、まず貴社のユーザ行動をGoogle アナリティクスの時系列分析で確認いたします。

参考サイト

時系列分析レポートをGoogle アナリティクスで、上級ウェブ解析士修了レポート編

 

ある程度Facebookページの投稿数が増えてきたら、次はFacebookページのインサイトをご利用ください。

公式サイト:Facebookページインサイトについて

 

Facebookページ活用でファンを集める方法はコツコツと

ここで紹介した手法は、毎日コツコツとやることで効果が出てまいります。

まずは今日から、今からFacebookページの運用を始めてください。

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です