ホームページで成果を求めるなら直帰の原因を調べる


この記事の所要時間: 136

タイトルなし

ホームページで成果を求めるなら直帰の原因を調べる。
そして、必要のないコンテンツであれば削除しましょう。

直帰率について5月中旬「Googleでは直帰率が高いページは質が低いことになる(*1)」というブログが公開されました。

直帰率の内容をみる

直帰率が高いということは、ユーザーがサイトを訪れても直ぐに離脱をしてしまうということです。

価値のある直帰率

ページを見直し直帰する原因をつきとめ改善をします。
例えば

  • ページがわかりづらい
  • ページが行き止まりになっている
  • ページに離脱しやすい外部リンクが導線のリンクより目立っている

価値のない直帰率

サイト管理者が望まないキーワードで流入し直帰してしまう。

価値のない直帰率はいらない

望まないキーワードで流入するユーザ。
ユーザーにとっても望まないサイト(ホームページ)です。
相互で望まないのならば、価値どころか意味のないコンテンツとなるわけです。

本当にそのコンテンツは必要ですか?
必要な場合はコンテンツと原稿レベルから考え直しましょう。

必要のないコンテンツであれば削除しましょう。

価値のない直帰率はホームページに対して、悪影響しか与えません。

ホームページで成果をあげるための直帰率

悪影響の直帰率は、全く違うユーザー流入していることになります。
全く違うユーザーは成果に結びつかないユーザーの可能性があります(非常に高い)。
全く違うユーザーを育てることはできません。
全く違うユーザーは直帰率をあげることになり、Googleの評価を下げる原因となります。

必要のないコンテンツは削除しましょう。

ホームページで成果をあげるための直帰率は、
流入キーワードとランディングページとの関係を調べればわかります。

*1
直帰率が高いページはパンダ・アップデートで質が低いとみなされる?

写真 : タイトルなし / gTunes

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です