WordPress Stickers Everywhere

WordPressでホームページ制作と運営は楽で安い?


この記事の所要時間: 38

※本記事はターゲットをなるべくIT業界やWeb業界ではない一般の方向けとしました。

ワープロ感覚でホームページを楽々作れるという先入観

ホームページの制作は専門家でなければ難しいと言われていた昔
今は、ホームページはWordPressで作れば楽ちんで安い!
そんな「言葉」がお客さまの先入観として出てきています。

楽とはなんでしょうか?安いとは何でしょうか?

WordPressを「そのまま使う」なら楽で安くすみます

WordPressをサーバーにインストールしてそのまま使うのでしたら楽です。
それはどこにでもある箱です。
コンテンツ、いわゆる魂がありません。
文字を入れるのも楽です。
サーバーも安いものにすればWordPress自体は無料でインストールできますので
費用も安くすみます。

実は「楽して安く作りたいからWordPress」では?

実は「楽して安く作りたいからWordPress」では?

実は皆さまは楽して安く作りたいからWordPressが良いのでは?
という考えがありませんか?

WordPressでホームページを作る場合、最低でも次のことをする必要があります。

サーバーにWordPressが入れられるか確認

プランによってはWordPressが入れられないので、適当に契約するとムダになってしまいます。

WordPressを入れて使いたい機能を加える(プラグイン)

プラグインを入れることで便利なホームページになります。
逆にプラグインがなかったら他のブログとあまり違いがないかも?

外観をデザインする(テンプレートではなく欲しいデザインを作る)

デザインしないとオリジナリティがなく印象が弱くなります。
他のサイトと差別化しましょう!

内容を考えて入れる(ホームページを見る人が何が欲しいかを知る必要がある)

見てくれる人がいないと・・・
→ ホームページがある意味がない
→ かけたお金と時間が無駄になる

公開した後は常に最新のWordPressにする(しないと大変)

パソコンやスマートフォンなどは自動で最新の状態に更新されます。
WordPressも一緒で最新にしないとダメ。でも自分で更新があるかチェックしましょう。
WordPressの状態を古いままにしておくと、セキュリティ上危ないです。ホームページを乗っ取られる恐れも。

このように、WordPressを入れるとお世話が必要なんです。

ホームページを楽して安く作るには?

ホームページを安く作るのなら
はてなブログペライチなどのサービスを使えば安くできます。
楽したいなら何もやらないほうがいいです。

WordPressでホームページ制作するのにも責任が必要です

WordPressでホームページ制作するのにも責任が必要です

責任をふたつご紹介します。

ホームページを公開した責任

ホームページを公開した責任はホームページを通じてサービスを利用しようとする人に対する配信責任です。会社経営が社会的な責任があるのと同じです。

ホームページを運営し続ける責任

ホームページは公開するだけではなく、会社経営と同じく続ける責任がでてきます。
運営する責任とは、ページをつくり、ホームページを見る人に対して自社の商売を伝え続けることです。

この責任から生まれるものが成果です。

現在、ハマ企画では成果のために次のことをご提案しています

  • 貴社の顧客・利用者に対する価値を見出すワークショップ(コンセプトワーク)
  • ホームページに成果を出すための運営設計(Web解析)
  • 成果を出し続けるためのサポート(各種教育、コンサル)

ハマ企画開催無料セミナー:検索はYahoo?こんなに違うYahooとGoogle