キーワード対策 サイト流入を増やそう


この記事の所要時間: 29

キーワード対策

オーガニックキーワード解析の勉強会を受けました。
キーワード解析の分析結果から検索エンジンからの流入数を増やす方法を、ここでアウトプットしたいと思います。

有効なキーワードを探す

どんなキーワードから流入されているのか

Googleアナリティクスのデータから、どんなキーワードで流入されているか調べましょう。
レポート > 集客 > キーワード > オーガニック検索 を開きましょう。
サイトへの流入経路を大局的に見るために、表示する件数を多くして表示します。

Googleアナリティクス

キーワードの人気度

同じような意味だけど違うキーワードを使用して検索される場合もあります。
ターゲットにするキーワードは多くは選べないので、絞り込む必要があります。
Googleトレンドから人気の高いキーワードを調べましょう。
人気のないキーワードからの集客は見込みがないですよね。

Googleトレンド

キーワードの統計情報

Google Adwordsのアカウントを持っていればキーワードプランナーが使用できます。
キーワードプランナーは無料のAdwordsツールで、検索されたキーワードの統計情報が確認できます。
キーワードが12カ月間の検索された回数の月平均を割り出した数値(=月間平均検索ボリューム)や、キーワードに入札している広告主の多さの指標(=競合性)などが調べられます。
月間平均検索ボリュームが高く、競合性が低いキーワードを探しましょう。
ただしビックキーワードは競合するサイトが多いので避けましょう。

キーワードプランナー
※アカウントが無い人も無料で登録できます。

実際に検索してみよう

実際にキーワード検索をして、検索結果の現状を知っておきましょう。
表示された検索結果には、なにが表示されていますか?

有名なサイトが表示されていませんか?
広告ページは多いですか?
競合相手がたくさん表示されていませんか?

コンテンツを作成

ターゲットキーワードが決まれば、キーワードを散りばめてコンテンツを増やしましょう。
ただしキーワード対策に没頭し過ぎて、コンテンツが分かりにくくならないように気をつけて下さい。

使用しているツールは全てGoogleのサービスなので、無料で実践できるのも非常に助かりますね。

ウェブコンサルティング

ハマ企画は売れる『ヒント』を提供する会社です