「ホームページはいらない」という人たち


この記事の所要時間: 110


実は昨年末からよく聞くのです。
「これからはホームページはいらないのです!」って言って人集めするスピーカーさんたち。

「その真意を是非伺いたいのですが、教えてくください。」

とその話しをよく聞くと、ソーシャルメディアにおけるブランディングと言いたいらしく。
ではそのブランディングって何かという疑問もでたりします。

企業を経営されているかたならば、
おわかりのとおり。

ブランディングという言葉よりも信用がもたらすヒト・モノ・カネの大きさを感じると思います。

ソーシャルメディアで構築されたブランディングはお金があまりかからない(無料?)のですが、
逆手にとると、自社のブランディングにお金もかけられない企業とはなんぞやとなります。

しかも、今の時代コーポレートサイトはあまりコストはかかりません。

ソーシャルメディアを使った戦略も重要なのですが、
地に足の着いた経営の重要性を考えた場合、
地に足の着いたウェブ戦略も必要だとおもうのです。

だから簡単に「ホームページはいらない」と言い切っていいのかよくわかりません。

そんな人々は、「ホームページ(コーポレートまたは集客サイト)」で集客をして
人を集めてホームページの制作を受注しているからまた私の頭は混乱するのです。

追伸:
よい業者さんにあたると制作コスト以上に得るものがありますよ。
世の中にはよい業者さんも沢山ありますし。

写真 : Athary