SEOやリスティングにおける指名キーワードの重要性


この記事の所要時間: 151

SEOやリスティングにおける指名キーワードの重要性

指名キーワードでアクセスしてくるユーザーはコンバージョンに近いユーザーです。
キーワードに対して「おもてなし」を行い、競合へ流出しないようにしましょう。

指名キーワードとは?

8858_img02

  • 会社名
  • サイト名
  • ブランド名
  • サービス名

などが挙げられます。

これらの指名キーワードでアクセスしてくるユーザーはどんなことが想定されるでしょうか?

想定されること

キーワードを認知しているユーザーがアクセスしている

社名やブランド、サービスを知らないと指名キーワードは出てきません。
事前にある程度の知識を持っているユーザーがアクセスしていると言えます。

顕在に近い、準顕在である

商品に例えるならば、「興味はあるけれども、買うかどうかは決めていない」状態です。
しかし適切な対応をすることによって顕在ユーザーにすることができるのです。

短いスパンでコンバージョンになる

会社のことを知っている、サービスを知っている、興味もあるので
決め手があればすぐにコンバージョンに結びつく確率が高いといえます。

以上のことから、指名キーワードが重要なことがわかります。
それではユーザーに対してどのような対応をすれば良いでしょうか?

指名キーワードへの対応

指名キーワードに対しておもてなし、接待をする

指名キーワードに対して、適切なランディングページを設定することが必要です。
どのキーワードでも同じページへ案内、ではユーザーを逃すことになります。

競合へ流出しないようにする

競合が自社の指名キーワードでリスティングを出してくる場合もあります。
その場合、せっかく指名キーワードでアクセスしてくれたのに
競合に流れてしまう場合も多いにあるのです。

オーガニックだけではなくリスティングでも対応する

オーガニックで指名キーワードが1位だとリスティングは必要ない?と思われるかもしれませんが
リスティングでも対応しておくと、画面の占有率を上げることができます。
指名キーワードは単価が安いので広告費もそれほどかかりません。

ホームページ構築

SEO

ウェブコンサルティング