キーワード発想会


この記事の所要時間: 353

リスティング勉強会 atハマ企画
2012年9月20日(木)、ハマ企画にて「キーワード発想会」が開催されました。
講師にフリーランスのリスティング広告の実務者である鳴海 拓也さんをお迎えし、
キーワードの発想方法を学びました。
社内だけでなく社外からも参加いただき、大変有意義な時間となりました。

以下、勉強会の概要です。

人が決めるキーワードの重要性について

キーワードを考える際、三角形を用い、三次元的に決めていきます。

1.縦

見込み度合いが高い順に上から「指名系」「顕在系」「準顕在系」「潜在系」に分けます。
※キーワードを作る段階では推測でOK

[例]化粧品の場合
「指名系」  (テーマ)商品名 (キーワード)資生堂○○○など
「顕在系」  (テーマ)成分  (キーワード)ヒアルロン酸
「準顕在系」(テーマ)解決法(キーワード)保湿
「潜在系」  (テーマ)悩み  (キーワード)乾燥肌

[使えるツール]

2.奥

縦のキーワードが決まったら、その関連語を決めます。

[例]化粧品の場合
「乾燥肌 化粧水」「乾燥肌 スキンケア」など

[使えるツール]

3.横

さらに、類義語も決めていきます。

[例]化粧品の場合
「ドライスキン」「かさかさ肌」など

[使えるツール]

1~3のうち、2と3については、ツールで自動的に出すことが可能ですが、
1は基本的に人が考えないといけません。

潜在系を考えることが大事

人が考えるキーワードの中でも、見込み度合いが一番低い「潜在系」ですが、
ここまで考えることで、リスティング広告が作りやすくなります。

[例]自動車
「指名系」 エスティマ (広告文)エスティマ 通販
「顕在系」 ミニバン  (広告文)格安 ミニバン 通販
「準顕在系」ワゴン   (広告文)ワゴンより乗りやすいミニバン

潜在系を考えないと上のような広告文になりますが、
「潜在系」家族旅行まで考えると・・・

「顕在系」 移動時間も楽しむミニバン
「準顕在系」移動時間も家族の思い出に変える

ブレインストーミング

ここからは2つのグループに分かれ、ブレインストーミングを行いました。
一人一人に「潜在系発想シート」「顕在系発想シート」が配られ、
そこに記入しながら、自由な発想で考えていくというものです。

題材はハマ企画のトップページです。

潜在系発想シート

  • 見に来る人は誰なのか?
  • その人の生活背景は?

性別、年代、職業を考え、さらに
商品に対しての背景、趣味、日々の行動、業務内容などを考えていきます。

私が参加したグループでは、
「女性」「30代~50代」「小売店店長・アルバイトなど」を想定、
「ホームページの知識がない」「時間がない」
「スポーツクラブに通っている」「マラソンをしている」「接客」
など様々なキーワードが出てきました。

顕在系発想シート

潜在系発想シートで出てきたキーワードを
上で学んだ「指名系」「顕在系」「準顕在系」「潜在系」のいずれかに当てはめ、
テーマの欄に記入します。

私が参加したグループでは、
「ホームページの知識がない」を指名系に、
「スポーツクラブに通っている」等の趣味・日々の行動はほとんど
潜在系に分けられました。

テーマに記入したものから、キーワードを抽出して
キーワード欄に記入します。

「ホームページの知識がない」なら「ホームページ」「制作」など

発表

45分ほどブレインストーミングを行った後、
それぞれのグループで出たキーワードを発表しました。

2つのグループで多様なキーワードが出た中で、
共通して「忙しい」というものがありました。
しかし、一方は「指名系」と考え、もう一方は「潜在系」と考えていたところが
面白く、考えさせられました。

それが2つのグループで分けた狙いとのことでした。

質疑応答

最後に色々な質問に答えていただきました。

[入札価格はいくらに設定したら良いか?]
以下の式にあてはめる

最適入札価格=目標CPA×キーワードのCVR
※コンバージョンが取れていない場合は仮想で(1%など)入れる

[コンバージョンを取るには]

  • 新しいキーワード
  • LP見直し
  • 広告文見直し

3つを回して上げていく

以上、約2時間半の充実した内容でした。
キーワードの発想方法を知ることができ、
また社外の方とのブレインストーミングも初めてで、刺激になりました。

ありがとうございました。